bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ブッククロッシングの日本語化、おめでとう!

    imuzak12@BookCrossing です。

    本当にそんな事が可能なのかなぁ、と思っていたブッククロッシングの日本語化、たくさんの声が集まった途端にプロジェクトが動き出し、ヴォランティアが集まり、そしてとうとう出来ちゃいましたねぇ!

    日本のブッククロッサーのみなさん、おめでとうございます!

    この出来事ってブッククロッシングをよく象徴しているかもしれませんね。声さえ上げれば他の人も聞いてくれる、そして仲間が集まる。そしてアイデアを実現できる。ブッククロッシングにはオープン・マインドの人、好奇心旺盛の人が多いのが大きな鍵かもしれません。そして、そういうブッククロッシングに参加しているあなたも好奇心旺盛な人、そしてアイデアを実現できる人なのです。

    これからもあなたとあなたのブッククロッシング友達、そしてブッククロッシングを好きになるであろう人達でブッククロッシングをより楽しいものにしていってください。


    せっかくこうやって日本語フォーラムができたので、ここからは日本会員ならではの想像力と工夫で、英語サイトの会員がうらやましがるような、興味を持つような遊びやイベントをどんどん生んでいってもらえたら素敵だと思います。


    ついては、こちらのサイトの方も4月末日で締めくくろうと思っています。元々は、ブッククロッシングの日本語化と日本語フォーラム設置の応援をするために、改めてオープンしたサイトです。このままサイトは残しておきますので、サイトの引き受けを希望するような方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。ブッククロッシングのimuzak12のプロフィール・ページからPMを送っていただいて結構です。登録イーメール・アドレスとパスワードさえ変えれば、簡単にお渡しできます。あるいは、サイトの引き受けまではしたくないけれど、時々アクセスして投稿記事を書きたいような人がいらっしゃったらご連絡ください。パスワードをお渡しします。

    桜チャレンジもあと残すところもう1週間。そして来週はブッククロッシングの誕生日。どんどん面白い遊び(読書の本選び方法、リリース方法など)を考えて、日本語フォーラムを活かし、ツィッターも加えながら楽しんでください。



    Read and Release at BookCrossing.com...

    ブッククロッシングの日本語化、おめでとう!

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/04/15(日) 16:41:29|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    目にとまったRABCKフォーラムスレッド紹介


    こんにちは。salvamiです。ご無沙汰しています(笑)

    今回は気になるRABCKフォーラムスレッドの紹介。
    RABCKフォーラムは、ウィッシュリスト・タグゲームや様々なコンテストが日々行われている楽しいフォーラムです。
    日本では洋書を読まない人が大半だと思うので、本がメインのゲームやコンテスト参加は難しいかもしれません。
    でも本がメインではないゲームもたくさんあるんですよー!
    現在参加者募集中のこのゲームもそうです。気になったらぜひぜひ!参加表明してみてくださいね。
    (今月の終わりに勝者が発表されるそうなので、その前に参加表明をしてください)

    Sweets-sweep
    ゲームの名前でおや?と思いません??そうなんです、これお菓子がメインのゲームです

    Sweep」(Sweeps、Sweepstakes)というのはRABCKフォーラムでよく開催されている遊びのひとつで、ゲーム参加者が集まったところでランダムに勝者とdecoyと呼ばれるダミーを選び、参加者全員が一斉に指定された住所に本やテーマにそったアイテムを郵送するというもの。
    参加者は事前にゲームのオーガナイザーに住所をPMしておき、オーガナイザーは参加者に内緒で勝者とdecoyを選んだあと、勝者を除いた参加者全員に勝者の住所を、勝者にはdecoyの住所をPMで伝えます。
    郵便を受け取り始めるまで一体誰が勝者でdecoyなのか、まーーーったく分からないというゲームなのです。
    ね、楽しそうでしょ?

    日本からRABCKゲームに参加しているメンバーは見かけないし…日本からのお菓子!となると、一層このSweets-Sweepが盛り上がること間違いなしです!

    Sweepsゲームの大体の説明はしたので、このSweets-sweepのゲーム説明です。

    1.まずはスレッド上で参加表明。I'd like to joinPlease enter me の一言で十分ですよ。それからアレルギー(ピーナッツなど)はあるか、食べられないものがあればその旨投稿してください。あなたが勝者になると、世界中からお菓子が届きます。アレルギーや苦手なものをきちんと伝えておくと、参加メンバーはあなたが食べられるお菓子を選んで送ってくれます。アレルギーがない場合は No Allergies。苦手なものがあるけれど、どう書いたらいいかわからないよー!というときはコメントしてください。一緒に考えましょう♪ 英語が妨げとなってゲームに参加しないなんてもったいないですからね

    2.次にオーガナイザーのrodespringbalさんにPMを送信。PMは件名と本文を記入する欄で分かれていますね?件名には必ずSweets-sweepといれてください。本文欄にはあなたの名前・住所を記入してくださいね。
    (ゲームはSEND ONLYでも参加できちゃいます。この場合、オーガナイザーさんにPMする必要はありません。1の参加表明の際、スレッドにSend onlyと投稿してください。Send onlyとは勝者やdecoyになり本やアイテムを受け取る意思がないということですよ)

    3.オーガナイザーさんがランダムで勝者とdecoyを選びます。勝者(あなたがラッキーな勝者の場合はdecoy)の住所がPMで届くので、なるべく日をおかずにその住所にお菓子を郵送してください。お菓子は指定住所メンバーの希望にそったものならなんでもOK。っぽいお菓子(包装が印象的だったり)だとさらに喜んでもらえそうですよね!

    [[注意事項]]
    ●このゲームはお菓子をおくりあうものです。ポストカードだけ送るつもり、お菓子を送る意思がない場合は参加表明しないでくださいね。
    ●海外のどこへ郵送するかはわかりません。アジアだけ、日本だけの郵送希望の場合はゲームに参加できませんよ。
    ●オーガナイザーからPMを受け取ったら、勝者(またはdecoy)には内緒でお菓子を郵送すること!!ここがゲームで一番大事なところです。誰が勝者(またはdecoy)なのかは絶対に秘密。メンバーにPMしたり、ゲームのスレッドに書き込んだりして秘密をバラすなんてことは御法度です!!
    ●あなたが勝者(またはdecoy)になり、お菓子や本を受け取り始めたら、ゲームのスレッドでどのメンバーから何を受け取ったのか投稿してください。何を誰から受け取ったのか参加者全員が知ることができるので、勝者にならなかったメンバーにもあなたの投稿を読む楽しさがありますし、お菓子が無事届いたのかみなで確認できます
    ●勝者になった場合は、あなたが次回のオーガナイザーになります。1-2ヶ月後に次のSweets-sweepを開催することをお忘れなく!(オーガナイザーと聞くと身構えてしまうかもしれませんが、大丈夫。大変なことはありません!)


    どうですか~?思い切って参加してみてくださいね


    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/04/13(金) 00:23:38|
    2. BC - 既存の読書企画等の紹介とその楽しみ方
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ブックリングの進め方 その2

    imuzak12@BookCrossing です。

    先日は、ブックリングの主催の進め方について、私の初めて主催したブックリングを例に説明してみました。
    今日はそのフォローアップで、追加情報について書く事にします。

    まずは、フォーラムでの対応とメーリング・リストの作り方です。

    フォーラムで参加希望の返答を頂いた場合、一人づつに返答する人もいるし、まとめて返答する人もいます。私だったら、フォーラムをチェックした時点で参加希望の入っている人数次第で使い分けます。一人しか参加希望が入っていなかったら、その人に対して「参加リクエストありがとう。メーリング・リストに入れました」と返答します。二~三人の希望者が入っていたら、それぞれに返答するよりは、スレッド自体に対しての返答をポストして「○○○さん、XXXさん、△△△さん、参加応募ありがとう。リストに入れました」みたいな感じで返答を投稿します。

    一方のメーリングリストですが、私の場合だと参加希望が入り次第、元々の親投稿の一番最後に編集して載せていきます。一番最初の希望者から順々に載せていくと、応募順が管理し易くて便利です。フォーラムだけでなくて、本のジャーナル自体にもメーリングリストを載せますが、これはフォーラム投稿の編集と同時でも、ブックリングが実際に始まってからでも、どちらでも良いと思います。大事なのは、メーリングリストが分かり易く、会員の目に付き易い事です。

    特にインターナショナルのブックリングなどの場合はこのメーリングリストの管理が成功の鍵です。誰がアメリカ国内/EU圏内だけに郵送したいのか、メーリングリストに書き足しておくと、会員によってはボランティアで「私が参加・世界中に郵送してあげますよ」と名乗り出てくれる事もあります。逆に誰かに国際郵便を送ってもらわなければ一地域から一地域に本が動けない場合などは、やんわりとボランティア者の募集をスレッド内に投稿する事もあります。郵送希望地域は、あくまで”希望”なので、インターナショナル・ブックリングの参加者は、国際郵便する事をお願いされる可能性を考えておいた方が良いし、主催者もそれをお願いする事を許されます。この郵送希望地域によっては、メーリング・リストの順が、参加応募順とは随分と違うものになる事もありますが、理由がはっきりしていれば文句を言うひとはまずいないと思います。


    さて、もう一つのブックリングの成功の鍵は”参加者選び”。

    あんまり考えたくない事ですが、中には”偽”ブッククロッサーがいるかもしれません。ここで私が言う”偽”ブッククロッサーは、本の登録もリリースも何もしていないのに、いきなりフォーラムに投稿して、ブックリングに参加したいとか、RABCKに応募するような人です。いくらブッククロッサーが懐が深いとはいえ、それを逆手にとって本だけ頂こう、というのはちょっと。。。中には、届いたブックリング本をそのまま保持して連絡が付かなくなる人もいなくは無いと思うし。

    そういう訳で、参加応募者をリストに載せる前に、まずはメンバーの名前の上をクリックして、本棚の様子、そして過去4週間の活動の様子などを参考にすると良いと思います。特に本が1~2冊しか登録してないのに、すごい数のフォーラム投稿数があった場合は、要注意かもしれません。(フォーラムの投稿内容がチット・チャト(=井戸端会議)ばかりだった、というのなら、また少し話が違いますが。) 万が一「この会員はちょっと心配が。。。」という場合は、フォーラムに書くのではなくて、PMでやんわりと「あなたのブッククロッシングの登録本(あるいはリリース本)が少ない事が気になりました。これからあと4冊ほど登録(あるいはリリース)をして頂いたら、その時はぜひ私のブックリングに参加してもらいたいと思います。どうでしょう?」みたいな感じにお願いする事もできます。あるいは「活動数が少ないので、残念ですが今回はブックリングに参加していただくことができません。」と、お断りしてもいいし。これは主催者である、あなた次第です。

    参加を断るというのは、あんまり楽しい作業ではありませんが、万が一本が行方不明になってしまった場合、あなたも他の参加者もがっかりしてしまう事になります。こういう判断の見極めは主催者として大事なお仕事なので、しっかり管理しつつ楽しんでください。あれこれ気を使う部分はありますが、参加者のジャーナルを読むこと、そして本が帰って来たときなどは、本当にブックリングを主催してよかったなぁ、と思いますよ。


    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/04/11(水) 11:56:35|
    2. ブッククロッシング(BC) - ハウ・ツー&楽しみ方の工夫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ブックリングの進め方

    imuzak12@BookCrossing です。

    桜も満開の頃と思いますが、一人でもたくさんの人にブッククロッシングのリリース&キャッチを楽しんでもらえていたら、と思っています。私も先週、久しぶりにワイルド・リリースをしました。引き続き今週と再来週末にもワイルド・リリースをする予定です。ジャーナルは“まだ”書いてもらっていません。ジャーナルは書いてもらえなくても、誰かいい人に拾ってもらえていたらな、と思っています。


    さて、英語サイトで盛んに行われているブックリング、ブックレイ、ブックボックス、そしてRABCK。ブッククロッシングに参加した当初は、どういう風な企画なのか理解するべく、たくさんのブックリング募集やそのジャーナル記録を読みました。

    今回は英語が苦手な人にも、ブックリングやブックレイをより身近に感じてもらうべく、私の経験を参考に紹介しようと思います。(私のテキトーな英語には目を瞑ってください。。。)


    私の最初に企画したブックリングは、入会1ヶ月頃に突然RABCKで頂いたMarkus Zusakの「The Book Thiefです。せっかく好意で頂いた本なので、よりたくさんの人とシェアしたくてブックリングを主催しました。

    企画を提供する事にしたら、まずはフォーラムの“ブックリング、ブックレイ、ブックボックス”カテゴリーに新しいスレッドを投稿。そして、新たにジャーナルを記録して、ブックリングを企画している事とルールを書き、ステイタスを“RESERVED”(予約済み)に変えました。

    インターナショナルのブックリングを主催する場合は、郵送地域の希望を書いてもらうことをお願いするのが普通です。これによって、EU内やアメリカから外の地域に郵送可能の会員が分かり、郵送順のコーディネイトに役立ちます。たとえば、アメリカ在住の私がインターナショナルのブックリングを企画していて、アメリカ会員参加希望の全員が国際郵便を希望していなかった場合は、私がまず国際郵便をしてアメリカから旅立たせ、他の地域の会員で全世界どこでも郵送可の会員にアメリカに送り戻してもらう、という手もあります。

    募集期間は2週間~1ヶ月に限って、新しい参加者を特別に募らない場合もあります。ブックリングが始まったあと、「今からでも参加できますか?」という質問PMを頂いたりすると、郵送の手配さえ合えばたいてい追加参加を受け付けます。人によっては、同じブックリングのお世話を何年もしている感心する会員もいます。ブックリングのお世話って、簡単ではあるけれど、困ったチャンが出てきた時などは、なかなか手のかかる仕事ではあります。ブックリングが始まった後に、スレッド・タイトルに「ブックリング始まりました。新しい参加者も引き続き受けています」などと付け足す人もいます。

    私がブックリングなどを主催するときは、なるべく本の重さとサイズを記すようにしています。これで郵送料の予想ができて、参加者の役に立てば、という配慮です。


    私の「The Book Thief」ブックリング主催企画発表のジャーナルは2008年7月2日付けで書いてあります。
    http://www.bookcrossing.com/journal/5929039/

    この本をアメリカ国内限定のブックリングとして提供することにしました。ついては参加者を募集しています。実は、これは私の主催する初めてのブックリングです。
    ルールは以下の通りです。
    1. 本を受け取った時、本を読み終わった時、そして次の会員に郵送するときにはジャーナルを記録してください。
    2. 本を受け取ったら、他の未読本より最優先にして読み始めてください。できるだけ6週間以内に読み終わるようにしてください。
    **期間については、本のページ数や会員によっては短かったり長かったり。だいたいは4~8週間の場合が多いです。**
    3. 6週間より長く本を保持する場合は、私まで連絡して事情と本の行方のアップデイトをしてください。人生には突然の出来事が起こりがちなもの、連絡さえいただければ幸いです。
    4. 本を読み終わったら、郵送リストの次の会員にPMを送り、郵送住所をリクエストしてください。万が一、次の会員に連絡が取れない場合は、私までPMを送ってください。
    5. 郵送リストから、あなたの次の会員に本を送ってください。
    6. あなたが郵送リストの最後の場合は、私までPMを送ってください。私の住所を連絡します。
    7. 一番大事な事:この本を楽しく読むこと!

    追記:ブックリングやブックレイを企画してきたたくさんのブッククロッサーさん、感謝です。あたなのフォーラム投稿やジャーナルが、私の初めてのブックリングを企画する良い参考になりました。




    フォーラムへのブックリング企画参加者募集の投稿も同日に書いています。
    http://www.bookcrossing.com/forum/20/356284/

    この本は懐の深い親切なKimKerryさんから頂いたもので、今は私の大好きな本です。今回、この本をアメリカ限定のブックリングとして参加者を募集する事にしました。よりたくさんの人に参加してもらえるとうれしいです。すでにこの本のインターナショナル・ブックリングが主催されているので、私のブックリングはアメリカ限定にする事にしました。これによって参加者の郵送料の負担が減るし、郵送日数も短くなるのではと思っています。
    **ここにジャーナルと同じルールを書きます**
    **加えて本のページへのリンクも入れると参加者に便利だと思います**


    参加希望者は、ここに返信しつつ、私までPMを送ってください。
    **これについては、フォーラムへの返信だけをリクエストする人もいます。どちらでも都合が良い、お好きな方を選んで。**




    本が帰ってきてからのジャーナルは2009年8月2日付けです。

    参加者のみなさん、本当にありがとう!この本は1年の旅を終えて無事に私の手元に帰ってきました。この本は私が初めて受け取ったRABCKで初めて主催したブックリングです。みなさんの感想ジャーナルを楽しく読ませていただき、また、このブックリングが成功に終わって何よりもうれしいです。
    **帰ってきた本は、このあとRABCKに出しました。これについては後日改めてまた。**



    少しでも参考になったでしょうか?ぜひともリンク先の英語フォーラムやジャーナルをのぞいてみて、どんな感じに他の会員から投稿が返っているかも読んでみて下さい。そんなに難しい英語は使われていないし、たいていは短い返答です。

    そこからもっと興味を持ったら、他のブックリングの投稿やジャーナルも読んでみて下さい。微妙にルールが違ったりして、なかなか面白いです。将来ブックリングを主催するときの良い参考になりますよ~。


    Read and Release at BookCrossing.com...



    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/04/10(火) 13:02:35|
    2. ブッククロッシング(BC) - ハウ・ツー&楽しみ方の工夫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    桜リリース・チャレンジ ここまでのリリース&キャッチ

    imuzak12@BookCrossing です。

    桜リリース・チャレンジが始まって1週間ちょっとです。ここまでの経過報告をご紹介します~。

    【リリース】
    zyasiminnteaさん... 1冊
    夕凪の街桜の国」 こうの史代著 (リリース・ツィッター)

    culantroさん... 1冊
    春にして君を離れ」 アガサ・クリスティ著 (リリース・ツィッター


    【キャッチ】
    zyasiminnteaさん... 1冊
    春にして君を離れ」 アガサ・クリスティ著 (キャッチ・ツィッター) 

    これは日本時間、4月6日の午前11時現在のカウントです。カウントもれがあったら、ぜひここにコメントで報告してください。


    どんどん桜前線が北上し、今週末はたくさんの場所でお花見が楽しまれると思われます。
    この人手の多く、好奇心の多い人もお散歩を楽しんでいるであろう時期、1冊でも本をリリースしてみませんか?

    ツィッター・チェックして、リリース本のハンティングも楽しんでみてくださいね。
    そして、桜リリース・チャレンジの本のリリース&キャッチ、どんどんツィッターで報告してください!



    Read and Release at BookCrossing.com...


     

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/04/06(金) 11:29:25|
    2. BC - 読書・リリース企画のお知らせ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    前のページ 次のページ

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。