bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ワイルド・リリース(ナチュラル・リリース)のリリース・ノートを書くコツ

    imuzak12@BookCrossing です。

    さて、先日”ブッククロッサーにならずに、とりあえずは匿名で本を拾った記録を書ける”事を説明しました。せっかくあなたがワイルド・リリースした本、拾ったはいいけれども”英語のサイトを開いて”なんて書いてある。人によっては、(英語でなくても)躊躇しますよね?そういう人の、ブッククロッシングに対しての印象を大きく変える鍵を握っているのが、あなたのリリース・ノートなんです。知ってました?

    考えてみてください。本を拾った人が、あなたの本のBCID(ブッククロッシングID)をタイプした時、最初の英語のブッククロッシングのページのほかに読むのは、あなたのリリース・ノートです。しかも、(現時点では)そこだけ日本語出てくるんです。

    そのリリース・ノートが
           ”○○○のスタバにワイルド・リリース(またはナチュラル・リリース)”  
    とだけ書いてあったら、どれだけのインパクトがあるでしょうか?「ふん…」て終わる確立、高いと思いません?


    その代わりに
           ”ブッククロッシングにようこそ!”
    と、日本語でのブッククロッシングの説明が一緒に書いてあったら、拾った人もちょっと興味を持つ、あるいはワクワクすると思いませんか?


    そんな例がsolittletimeさんのこちらの3月23日付けのリリース・ノート(英語)です。

    まずは、最初にリリースした場所、住所、時間が書いてあります。
    その次に素敵なバナーが入ってますね。これで随分とアピール度が上がります。
     
    日本の会員には、ブッククロッシング・ジャパンのこちらのページから、小さいですが、バナーが見つかります。英語サイトなので、日本語のブッククロッシングのバナーが入っていると、アピール度高いと思います。バナーの上に、日本語で赤字で”ブッククロッシングにようこそ!”と添えてもいいし。

    ブッククロッシング・ジャパン Sバナー    ブッククロッシングにようこそ!

    *バナーのリンク先は無くてもいいし、http://bookcrossing.jp/q&a.htmlなんか良いと思います。

    *私のシンプルなコントロール・リリース・ノートはこちらこちら。ちょっとバナーが入るだけでも印象が違いませんか?

    その下には、この会員、solittletimeさんお手製と思われる、感想ジャーナルのお願いが書いてあります。日本語にするとこんな感じ。。。

    この本を拾ったら、拾った事をブッククロッシングに記録してください。そうしたら、この本が次の素敵な読者(=あなたです!)に拾われた事が私にも分かります。もし、あなたがまだブッククロッシングに参加していなくても、本を拾った記録ノートを書く事ができます。また、いまからブッククロッシングに参加しようと思ったら、ぜひ私(solittletime)か他の記録者の名前を紹介者として記入してもらえるとうれしいいです。あなたがこの本を楽しく読んでくれる事を願っています。読み終わったら、新たな記録を感想ノートとして残す事ができます。

    そして、読後にこの本を友達か誰かにあげたり送ったりするときは、あらたな記録ノートを書く事ができるし、もう一度この本を街のどこかの片隅に“ワイルド・リリース”するときは、リリース・ノートを書く事ができます。その後も、この本は旅を続け、ブッククロッシングの”お知らせメール”で、誰の手に渡り誰が記録を残してくれたのか、あなたも知る事ができます。ブッククロッシングはユーザー名のみの登録で、本名を知らせる必要も無く、ブッククロッシングからのスパム・メールもありません。

    あなたがブッククロッシング体験をこれからも楽しんでくれることを願っています。


    ちょと堅苦しい翻訳になりましたが、こんな感じです。だいたいの意味、伝えたい事はわかりますよね?こういうメッセージが書いてあると、次に本を拾った非ブッククロッサーに優しいと思いませんか?そして、大いに興味を持ってもらえると思いませんか?このまま私の翻訳文を使うのでなく、アレンジしてより個人色のある楽しい”ウェルカム・メッセージ”を作ると、一層楽しくなると思いますよ。ちなみに英語サイトでウィング(1ヶ月$5)を購入すると、そういうワイルド・リリースのリリース・ノートの設定ができたと思いますが、それ無しでも一度作ったワイルド・リリース・ノート用のウェルカム・メッセージをコピペして保存し、繰り返し使うのも便利だと思います。

    ここでもう一つ個人的に付け加えたいのが、リリース・ノート内に写真をアップすることです。(実はこれ、ぜひ桜リリース・チャレンジで使って欲しいのですが、無理強いはしません。。。)

    自分の書いたノートのページを開くと、下の方に edit | upload journal picture | delete と出ているのが分かるでしょうか。はい、この upload journal picture をクリックすると、写真をアップできるウィンドウが出てきます。桜リリース・チャレンジの場合などは、やっぱり桜のきれいな写真が入ってると”桜リリース・チャレンジ”だと一目で分かるし、リリース・ノートが魅力的になると思います。

    写真に関しては、本かあなたに関連した写真でも、ワイルド・リリースした場所の写真でも自由です。もちろん、写真を載せなくてもぜんぜん構いません。(私のリリース・ノートには、今のところ写真付きはありません。。。これは将来やってみたい事リストのひとつです。)

    いろんな楽しいワイルド・リリース・ノート、ぜひツィートして知らせてみてください。


    Read and Release at BookCrossing.com...


    Read and Release at BookCrossing.com...


    Read and Release at BookCrossing.com...
     


    注) 英語サイトでは”ナチュラル・リリース”というものは存在しないのですが、日本ではこの言葉がより広まっているようなので、あえてナチュラル・リリースを含んでみました。




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/24(土) 12:39:04|
    2. ブッククロッシング(BC) - ハウ・ツー&楽しみ方の工夫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/983-061257f5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。