bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    長距離を旅しているブックレイ

    imuzak12@BookCrossing です。

    この日曜日、突然にブッククロッシングからワイルド・リリース・アラートを受け取りました。キーウエストにいた時は結構ちょくちょくアラートが入り、しかもヨーロッパ(特にアイルランド)から本を置いていく人が多かったです。テキサスに引っ越して以来初めてのワイルド・リリース・アラート!ワクワクして覗いてみると、場所は銀行と郵便局に土曜日の夕方にリリースされた模様・・・。あのー、今日は日曜日なんですけど。。。月曜日にチェックするわけにもいかず、断念です。。。

    最近は調子にのってあれこれブックリングやブックレイにサインし始めた私。本がまだ海の向こう(=ヨーロッパ)にある場合は、たいてい2~3ヶ月くらいはかかるだろうと安心して参加します。逆にアメリカから始まる国際ブックリングの場合、突然に自分の番がみんな(アメリカ国外会員)を追い越して入れられちゃったりするから大変。アメリカ国内のブックリングは安上がりだけど気をつけなくては。。。


    さて、今回サインアップした企画のうちの二つはSquekyChuさんが丁寧にお世話している息の長いブックレイです。一つは前にも書いた、ブッククロッシングで15番めに多くの人の間を旅している本、「The Wooden Sea」。ちょうどSF&ファンタジーのヴァーチャル・ブック・ボックス(VBB)に参加したところで、同ジャンルに入るこの本に興味を持ちました。彼女、このブックレイを2004年からやっているので、すごいです。ブックレイと言えば、参加したい希望者のメーリング・リストを作ってお世話するだけなんですが、これって結構大変なんですよ。参加者が切れそうになったら、スレッドに再投稿して募集者を募らなきゃならないし、郵送地域希望によってはメーリング・リストの順を作るのも大変。中には、長く本を持って置く困ったチャンも出てくるし。もう一つの方は、「Snow」というノーベル賞文学賞受賞者のトルコ人作家Orhan Pamukの作品。こちらの方も2007年からSquekyChuさんがお世話している様子。私なんて、一度ブックレイやったら、最後の会員に届いたら「やれやれ」なんて思っちゃう感じ。「これで“お取りまとめ役”は終わりだー」みたいに肩の荷が下りちゃいます。

    今度、「これは!」という本があった時は、一度がんばって続けられるところまで続けてみようかしらん?(まずはそういう本に出会わないといけないのだけど。)


    あぁ、そうだ。SF&ファンタジーのVBBに参加して、初めて黒人女性のSF作家の存在を知りました。その方の名前はオクタヴィア・バトラー。これを機会に、彼女の三部作「Lilith's Brood(またはXenogenesis)」を読む予定です。おまけに、他の参加会員が“黒人女性のSF作家に興味があるのなら”とN K Jemisin「The Hundred Thousand Kingdoms」を紹介してくれて、こちらも何やら面白そう!あぁ、私は大変な事になりつつあります。。。でも、こうやってブッククロッシングならではの新しい作家や本との出合いが愉しいから、止められないんだわ。

    The Wooden SeaThe Wooden Sea
    (2002/02)
    Jonathan Carroll

    商品詳細を見る


    Snow (Vintage International)Snow (Vintage International)
    (2005/07/19)
    Orhan Pamuk

    商品詳細を見る



    Kiva - loans that change lives




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/13(火) 10:56:38|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/978-61cd5016
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。