bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    KIVA ブッククロッシング・チーム


    こんにちは、salvamiです。

    先日私もKivaにメンバー登録しました!

    ブッククロッシングのフォーラムでKivaについての書き込みを見かけることもあって、気になってはいたのです。今回、Community Bulletin Boardこちらのスレッドを読んで、ついに参加することにしました。フリートライアルの25ドルカンボジアのご夫婦に貸しました。(25ドルは私が貸したことになっていますが、返済はKivaにされます)


    Kivaとは?

    一口25ドルからお金を貸すことで貧しい地域に住む人々の生活を手助けしようと活動しているNPOです。2005年に始まったこのサービス、現在では71万人のユーザー(ブッククロッサーは180人!)が貸し手として登録、ローン返済率はなんと98%以上。

    Kivaを通して貸したお金はフィールドパートナー(ローン希望者とKivaを繋いでいます)に「全額」渡されるそうです。素晴らしいサービスですね~。こちらのページでKivaサイトの使い方がわかりやすく説明されています。

    借り手がローンを返済すると、あなたのお金がKivaクレジットとしてサイト上に戻ってきます。このクレジットで違う希望者にお金を貸すことができます。もちろんKivaに寄付するのもOK。PayPalのアカウントを持っていれば、ペイパルを通してKivaクレジットを引き出すことも可能ですよ!


    フリートライアルの25ドルといっても、誰に貸したらいいのかとっても悩みました。。

    ローンの希望者には農業を営む方やビジネスオーナーさんが多いです。61カ国・たくさんの人、コミュニティからローンのお願いがあります…。個人的な理由から、ビジネスオーナーさんに25ドルを貸したい。でも誰になんて決められないー。。

    最終的にカンボジアのご夫妻に決めたのは、ブッククロッシングで出会ったこの本の影響が強いかもしれません。

    Lucky Child: A Daughter of Cambodia Reunites with the Sister She Left Behind (P.S.)Lucky Child: A Daughter of Cambodia Reunites with the Sister She Left Behind (P.S.)
    (2006/04/11)
    Loung Ung

    商品詳細を見る


    これから経済的に余裕がある月にKivaを利用していきたいなと考えています。1ヶ月に25ドル以上の郵送代をブックリング・RABCKなどに使うときもある私です…。ブックリングへの参加を抑えたら、Kivaを通してローンを希望しているビジネスオーナーさんたちにお金を貸すのも苦にならないはず。なにも毎月お金を貸さないといけないなんてサービスではないし :)


    自分のペースで必要としている人たちにお金を貸し、どこか遠い国で誰かの起業のチャンスや事業を拡大させる手助けができるのって素敵だと思いませんか?

    こういった知らなかったサービスを知ることができるのも、ブッククロッシングが大好きな理由のひとつですね。

    「ブッククロッサーはシェアすることが好きなんです」
    これはKivaのブッククロッシングチームのプロフィールページにある言葉です。
    ブッククロッシングでシェアできるのは本だけじゃないんですよ :)

    Kivaについてもっと知りたい~と思ったら、http://www.kiva.org/ からどうぞ。
    http://www.kiva.org/invitedby/ami8582 からフリートライアルの25ドルがもらえます。なくなってしまう前にぜひ。

    ちなみにブッククロッシングチームのほかにもジャパンチーム無神論者チームオタクチーム(!)などもあります。どのチームに参加し貢献するかはあなた次第です。私はブッククロッシングチーム、ジャパンチーム、アイルランドチーム、Nerdfightersチームに参加中です。

    Kivaサイトに登録したら、My Portfolio→My AccountのAuto Lendingを確認することをおすすめします。そこでNeverにチェックがされていれば、好きなときにお金を貸すことができます。(といってもまだ私はフリートライアルの25ドルを消費しただけなので自動で引き落とされる心配もゼロです。。)

    ブッククロッシングから知ったサービスなどがあればまた紹介します~

    それではまた。

    Happy BookCrossing!


    Kiva - loans that change lives



    Kiva - loans that change lives




    *salvamiさんのブッククロッシングのプロフィール・ページはこちら
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/12(月) 10:52:39|
    2. BC体験 - salvamiの場合
    3. | トラックバック:2
    4. | コメント:1

    コメント

    フリートライアル。。。!

    下にオリジナルの私のコメントがありますが、ちゃんとあみさんのリンクをたどっていなかった事に気が付いた~!
    リンクはここですね。
    http://www.kiva.org/invitedby/trevor9199?utm_campaign=permurl-share-invite-free-trial-promo&utm_medium=referral&utm_content=trevor9199&utm_source=www.bookcrossing.com

    このおじさん(Reid Hoffmanさん、LinkedInの設立者)、太っ腹ですねー。でも、この好意でKIVAを広められるから、という意向なんでしょう。ちなみに、このおじさんから38,000口($25x38,000)贈られてて、現在まだ27,947口残ってますよ~。


    前のコメント>>>
    あみさんのエントリーを読んだ後に、KIVAでフリー
    トライアルのページを探してみたのですが。。。これかな?
    http://www.kiva.org/ladieshomejournal
    これだったら、大反響のうちに終わっちゃったみたいですね。残念だけど、良い事だわ。こんど、余裕のある時に、ぜひブッククロッシングとジャパン・チームに登録してみたいと思っています。
    1. 2012/03/12(月) 11:18:06 |
    2. URL |
    3. imuzak12 #zOVS/292
    4. [ 編集 ]

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/977-d338dd66
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ブッククロッシングでいろいろ学んだ事

    今日からいよいよ、bookcrossing_jp@ウィキBLOGと別投稿です。こちらでは、今までどおり私個人の生活からの独り言を書いて行きますが、ブッククロッシングについてはbookcrossing_jp@ウィキBLOG...
    1. 2012/03/12(月) 12:09:18 |
    2. Journal:fromSouthTX

    -

    管理人の承認後に表示されます
    1. 2015/11/26(木) 15:50:01 |

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。