bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    移動図書館とブックリングの利用方法


    今週は移動図書館がやって来たので、借りていた本を2冊返して新しく2冊、家に持ち帰ってしまったsalvamiです。

    移動図書館、日本では利用したことなかったんですが、アイルランドでは都市部に住んでいない人たちの心強い味方です。私も図書館も本屋も遠い場所に住んでいるんですが、移動図書館に読みたい本を頼んで、あとは予定日に予約した本を受け取っています。ラッキーなことに今住んでいる家の前に移動図書館が月2回とまってくれるんです…。あぁ、ラッキーだけど危険!(笑)

    今週はブックリングのフォーラムで目にとまった(けれど参加しなかった)本を移動図書館の棚に見つけてしまい、読む本は家にたくさんあるというのに連れてきてしまいました…。

    ブックリングフォーラムで読みたいー!って本、いつも見つけちゃうんですよね。

    だけどブックリングフォーラムでの誘惑をどうにか振り切ったとしても、移動図書館で本を借りちゃったら、TBRは結局減らないままなんですよね~。。一度ブックリングフォーラムと移動図書館の利用を控えたほうがいいのかも…。

    いつもブックリング・レイ本に追われている私なんですが…一応これでもサインアップする本を厳選しているんですよ。…いや、本当に…。

    まずはぴん!ときたスレッドをチェックしたら、その本のアマゾンレヴューをざっと読んで、それから移動図書館で本を受け取れるか(私が住んでいるCounty内全図書館を検索)どうか確認しています。

    新しく参加者募集をしている本だけじゃなくて、誰かが参加を宣言したためにフォーラム内にまた浮上してきたスレッドの本-長く旅をしている本-が狙い目です。

    というのも、新しく参加募集している本だけ何冊もサインアップしちゃうと、自分のもとにまわってくるのが同時(!!)なんてことが多いんですよー。そうすると3-4週間以内に何冊も読むなんて苦行を強いられてしまいます

    すでに旅に出ているけど、随時参加希望者を郵送リストに追加しますよ~な本だと郵送リストを見て「さていつ頃自分のもとにまわってくるかな?」と大体の見当がつきます。(でも大体ですよ、大体)

    とにかく一度に何冊もサインアップしちゃうと同時に順番がやってくる可能性が高いので、1ヶ月に○冊までサインアップ!と決めておくといいと思います。


    ところで、昨年のワールド・ブック・ナイト当日にBBCがイベントのライヴ映像を放送しました。そこであるおばあちゃんがインタビューされていました。(おばあちゃんは娘さん?に車椅子をおしてもらって、トラファルガー広場で開催されたワールド・ブック・ナイトイベントに来ていました)インタビュアーが「あなたにとって本とは?」と質問をすると、「旅に出なくとも、本を読むことで色々なところに行くことができるでしょう」というようなことをおっしゃっていました。本当に「本が大好きなの」という気持ちがよく伝わってきて、見ているこちらまで笑顔になってしまいましたね :)

    そうそう。このおばあちゃん、お目当ての本があってイベントに来ていたんです。それで偶然インタビュアーがその本の配布者だった!インタビュアーにその本を渡されて「これこれ、まだ読んだことないから楽しみ~」ととっても嬉しそうだったのが印象に残っています。


    私も本で旅することが好きで、ブックリングでは見知らぬ国や文化を絡めてかかれているフィクション本、旅行記に出会ってしまうとサインアップせずにいられなくってしまう…。サインアップを頑張って諦めたのに今週図書館で借りてしまった本も17世紀のペルシアが舞台の「The Blood of Flowers」。17世紀のペルシアってところも惹かれるけれど、この本評判がとっても良いんですね~。アマゾンレヴューを読むだけでも本を手にとりたくなってしまいました。リング・レイ本を消化してから早く読みはじめたいー!

    The Blood of FlowersThe Blood of Flowers
    (2008/04/03)
    Anita Amirrezvani

    商品詳細を見る


    ブックリングフォーラムでは、英訳された日本作家の作品も参加募集されているときがあります。

    これまでに読んだことのある作品を英語でチャレンジ!なんてどうでしょう?

    興味のある方はこちらから

    それではまた次回。

    Happy BookCrossing!


    *salvamiさんのブッククロッシングのプロフィール・ページはこちら



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/09(金) 11:36:54|
    2. BC体験 - salvamiの場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/975-33b83929
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。