bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ブッククロッシングで15番目のモスト・トラベルド・ブック - 「木でできた海」ジョナサン・キャロル

    imuzak12@BookCrossing です。

    Salvamiさんの日本語フォーラム設置の呼びかけで、先月中旬からブッククロッシングに戻ってきましたが、私、すでに危なくなりつつあります。。。何が危ないかって、あちこちブックリングやらに応募し始めると止まらない~。一番怖いのは、違う時期に参加申し込みした企画に関わらず、私の順番が全企画同じタイミングで回ってきたりする事。それを管理するには、やっぱりプロフィールに、何のブックリングに参加して、何を主催しているか、書かなくちゃいけませんねー。これ、今週の私の課題です。


    さて。今週私の目に留まったスレッドは。。。

    Int’s Bookray: The Wooden Sea – Jonathan Carroll – headed to the USA next - #15 on BC’s 100 most travelled books!

    ~インターナショナル・ブックレイ: The Wooden Sea – Jonathan Carroll (「木でできた海」ジョナサン・キャロル) - 次の旅行先はアメリカ - 15番目にたくさん旅行している本!~


    “たくさん旅行している”というのは、よりたくさんの会員の手に渡ってジャーナルが書かれている、という事です。インターナショナル・ブックレイともなると、前に私が書いたような困ったチャンが出てきて、ロスト・ブック・アイランドに行く可能性も、郵送途中でひどく扱われて、salvamiさんが書いたようにデス・オブ・ブックスに行く可能性も高い訳です。それを考えると、2004年3月の旅立ち以来、元の持ち主を含めて57人がジャーナルし、まだちゃんと旅行してるんですから、すごいですよね。

    普段だと、そう簡単には興味を惹かれない私なのですが、“アメリカに向かっている”という所に釣られてしまいました。ジャーナルを見ると、現在本はアメリカに来たものの、すでにカナダ、フランス、南アフリカ、と旅行先が決定済み!残念に思ったものの、とりあえず企画者に運を任せるつもりでPMしたら、(とりあえずは)南アフリカの後に名前を入れてもらいました。せっかく南アフリカまで行った本を、またアメリカまで呼び寄せるのは気がひけるところ。ちょっと予算的に国際便が送れないかも、と思って、北アメリカのみに郵送可として応募したのですが、実際に本が回ってくるのは少なくとも2~3ヶ月先になりそうなので、もしかしたらその頃には国際便代を払う余裕があるかも。。。


    もちろん、この本に興味が湧いたからこそこのブックレイに応募しました。私がいつも参考にするのはAmazon.comGoodreadsの読者レビュー。反響は結構良かったし、Goodreadsで共感できるレビューをみつけたので、読むことにしました。彼女、最初の2章節ですでに好きになっていた、と書いていて、私も「これ、いいわ!」と思いました(Amazon.comで最初のページを読む事ができます)。ジョナサン・キャロルについてはウィキにほんの少しだけ書かれていて、日本語翻訳本はどうも絶版っぽい。ウィキによると、この「木でできた海」は3部作の最終作。。。(あ、第1、2部も読みたくなってきた…)

    すっごーーーーーく楽しみです!!でも、こんなに長く旅をしている本だからこそ、安全に旅をさせる責任は大きいわね。。。参加してみたいと思った人は、SqueakyChuさんへPMしてみて。

    木でできた海 (創元推理文庫)木でできた海 (創元推理文庫)
    (2009/04/20)
    ジョナサン・キャロル

    商品詳細を見る


    The Wooden SeaThe Wooden Sea
    (2002/02)
    Jonathan Carroll

    商品詳細を見る




    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/05(月) 03:05:35|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/971-1c6eefaf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。