bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    今週の日本語スレッド

    imuzak12@BookCrossing です。

    ブッククロッシングの日本語フォーラム・プロジェクトが、ボランティアのみなさんの努力によって進行しつつありますが、それだからと言って、日本語フォーラムができるまで日本語で投稿したらいけない、という理由はありません。(もちろん、日本語が読める会員@英語ブッククロッシング・サイトは限られるだろうけれど)

    そして、日本語ユーザーのブッククロッサーが英語のフォーラムに英語で参加してはいけない、という規則もありません。

    日本語でブッククロッシング(英語サイト)に投稿することによって、他の国のメンバーにも、どれだけの日本語ユーザーのブッククロッサーが存在して、参加したがっているか分かる事になります。その上に、ひそかに日本語を独学している他言語ユーザーのブッククロッサーの中には、日本語で返事を投稿したい、日本語の本を送って欲しい、なんて人がいるかもしれません。思うに、現代文学でよく知られている、村上春樹吉本ばなな、や、漫画本については、私達が思っているよりも関心があるかも。


    そういうわけで、今日は今週末までの主な日本語スレッドをピックアップして、リンクを載せてみました。返信、そして投稿の参考になれば、と思います。これで、投稿に参加するのが比較的簡単になるのでは。

    スレッドを読みたい人は、下のリンクをクリック。返信をしたい人は、返事を書きたい投稿の、それぞれの投稿の右下にあるreply(返事を書く) か、reply with quote(引用をして返事を書く) をクリックしてください。次のページのTitle(タイトル、変更可です)、 Message(メッセージ)をタイプした後に、save(返事をセーヴする=投稿する)をクリックして完了です。



    "Please make me a topic of Japanese exclusive use" ... yaroujidaiさんによる、「日本語専用フォーラムを作って!」というリクエスト・スレッドです。まだまだ支援待っています。声=投稿によって、どれだけ求められているか、どれだけ日本語ユーザーのブッククロッシングに元気があるか、世界中のメンバーに分かってもらえると思います。まだ返信を書いていない人、どんどん声を寄せてくださいね。

    読書チャレンジ/本について話しましょう”... salvamiさんがブック・トーク・トピックの中にこのスレッドを立ててくれました。「人にすすめたい最近の良書やチャレンジの進み具合についてここで話しませんか?誰かのおすすめで読んでみたい!と思った本があればPMでRABCKやスワップをお願いしてみましょう。」

    次に読む本を ... 上のスレッドのサブ・トピみたいになっていますが、「次に読む本をどうやって見つけていますか?」という情報交換の場です。

    フォーラム・トピックのスレッド表示を変えるには、下の図の中の赤丸の部分に見える“Sort Options”をクリックすると、その下にボックスが現れます。"Thread -Full"を選ぶと、上から古い順に全スレッドを表示します。"Threaded -Condensed"は全スレッドのツリー表示。"Flats -Latest first"にすると、一番当たらしい投稿が一番上に現れます。
    あちこちクリックして、どこが一番最初だったか分からなくなったら、スレッドタイトル(グリーンのボックス)のすぐ下に出ている小さいメニューのうちの、"Parent Thread"をクリックしてください。スレッドの頭にジャンプします。

    Untitled.jpg



    付け加え。

    私自身は、複数のブック・サイトに参加しています。そのうちのいくつかは、使わなくなったものもあるけれど、今、主に使っているのは、Goodreads、BookCrossing、BookMooch、PaperBackSwap.comの順。それぞれに違った楽しみがあります。

    他にも、いろいろのブック・サイトに参加している人、ブッククロッシングは最近知ったけれど、すでに参加しているブック・サイトがあるので、参加できない/したくない、と思っている人もいると思います。

    ブッククロッシングは他とは違う、本当にユニークなブック・サイトです。ブッククロッシングに参加することで、他のサイトを止めなくちゃ、という事は無いんです。○○○サイトでは主に自分の読書記録、持っている本の管理をし、XXXサイトでは好きな作家について深く掘り下げて意見交換し、そしてブッククロッシングでは他のメンバーとの交流とゲームを通して読書を楽しむ。そういうこと、できるんです。そして、ブッククロッシングは、そういう価値のある、面白いブック・サイトだと私は思います。


    もう一つ、付け加え。

    私の場合PaperBackSwap.com(アメリカ国内のみの本交換サイト)は手軽な本の交換サイト(=私の本の仕入先)、BookMooch(ワールド・ワイドの本交換サイト)は本交換プラス、いくらかのメンバー間の交流、Goodreadsは読書と読みたい本の管理プラスメンバー間の豊かな意見交換とレビュー参考、そしてBookCrossingは“本の仕入先”と言うよりは、読書を通しての面白い事探しのサイト、といったところです。


    これがホントに最後の付け加え!

    ブッククロッシングのRABCKフォーラム・トピックに、赤川次郎さんの本のRABCKを投稿してきました。以前RABCKに日本語投稿した時は、全く反響が無く寂しい思いをしました。。。一人にしないでね~。エントリー待ってます!(chocola905さんとyaroujidaiさんのエントリー、了承しました。ありがとうね♪)

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/02/25(土) 00:00:00|
    2. ブッククロッシング(BC) - ハウ・ツー&楽しみ方の工夫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/961-ea595143
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。