bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ブッククロッシング コントロール・リリースを楽しもう!

    imuzak12@BookCrossing です。

    ブッククロッシングのワイルド・リリース(日本ではどうやら“ナチュラル・リリース”と言っているみたいですね…?)では、本をワイルド(“野生”=街の片隅)にリリースして、次に拾ってくれる人がいるまで、本が野生に棲み着きます。

    それに対して、本を確実に他のブッククロッサーの手に送りたい、そしてたくさんの人にジャーナルをつけて欲しい、というときに使うのがコントロール・リリースです。方法としては、ブックリング、ブックレイ、そしてRABCKが主流だと思います。

    本を送るとなると、前にも書いたように、本を送る人が送料を払うのが普通。もしもそれに抵抗があれば、ブック・ムーチのクレジットを使うのも手だと思います。ブック・ムーチの簡単な仕組みについてはこちら。ブック・ムーチに登録したら、ブッククロッシングとブックムーチのプロフィール・ページの両方に「ブッククロッシングの本はブック・ムーチを通して交換可です」などと添えておくと良いと思います。

    さて。ブッククロッシングに登録済みで、私が読み終わった本を誰が読みたがっているか知りたいとします。その時には、ブッククロッシングの本棚の、本の欄に出てくる地球儀マークでなくて、その横の"Who's wishing for this book?"をクリックしてください。次のページに、その本をwishlistに載せているブッククロッサーがリスト・アップされます。そのうちの誰と本を交換するかはあなた次第。まずは、相手がアクティヴ会員かどうかチェックした方が良いでしょう。それには、過去4週間の活動を見るもよし、その会員の本棚の本の動きを見るもよし、プライベート・メッセージを送るもよし。相手が、あなたの読みたい本を持っていたら、純粋に本の交換をしてもよいし、そうで無い場合はRABCKをオファー(って日本語でなんて言うんでしたっけ?提案?)しても良いし。相手が「ありがとう、本を送ってください」という事ならば、返事と一緒に郵送先住所を送ってもらい、自分は本の郵送と同時にコントロール・リリースを記録します。

    次に、どうやって本がwishlistに登録されるか。まずは読みたい本をブッククロッシングで検索します。日本語検索の場合、私はたいてい著者名をタイプして検索します。何も出てこない時は、苗字と名前の間にスペースを入れてみてください。検索結果の本のタイトルをクリックする、あるいは、その後に地球儀マークをクリックすると“Add to Wishlist(ウィッシュリストに登録)”というボックスが表示されるので、それをクリックして登録します。

    wishlist 1


    wishlist 2

    著者名、タイトル、ISBNを使っても、どうしても自分が探している本が見つからない場合の最終手段は、マニュアル登録です。salvamiさんとchocolaさんがツィッターの方で少し語っていましたが、その本を登録しているブッククロッサーがゼロの場合、このケースになるみたいです。たとえば、chocolaさんが読んでいる「世界の使い方」を検索した結果、登録が0冊で、ウィッシュリストに自動登録できませんでした。

    その場合は、まず自分のウィッシュリストに飛んでください。プロフィールページで右の方に見える"Select Filters..."をクリックして出てきたドロップ・メニューからWishlistを選ぶとページがジャンプします。

    wishlist 3-1

    次のページの"Add Title"(データベースに本を追加する)をクリックすると、タイトル、著者、ISBNを入れるボックスが出てきます。ISBNはオプショナルで記入と書いてありますが、カテゴリーについては記されていません。これ…と思うカテゴリーを選んで登録してください。記入し終わったら、その下にまた出てくる"Add Title"をクリックして完了です。


    要注意は、この作業はデータベース自体に本を追加する作業なので、よくよく検索チェックしてみて、ブッククロッシングに登録が0冊の場合のみに限る方が、無駄にデータを大きくせずにすみそう(=ブッククロッシング・サイトの負担減)だと思います。

    大雑把に説明しましたが、不明な点はコメントで質問してください。

    コントロール・リリースは郵送料負担が発生しますが、それよりも何よりも、10人も20人ものブッククロッサーの手に本が渡り、ジャーナルを書いてもらう楽しみの方が大きい、と私個人は思います
    関連記事
    スポンサーサイト
    1. 2012/02/22(水) 00:00:00|
    2. ブッククロッシング(BC) - ハウ・ツー&楽しみ方の工夫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/956-348f91d5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。