bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    私のブックレイ: ジョン・グリシャムの「The Appeal」

    先日読み終わったジョン・グリシャムの「The Appeal」、
    ブッククロッシングでブックレイ参加者を募っています。

    私の読み終わった本は、たいてい入手したルートに戻ります。
    PaperBackSwap.comで入手、読み終わった本はPaperBackSwap.comに、
    BookMoochからの本はBookMoochに、
    BookCrossingからの本はBookCrossingに、という具合です。
    これは、それぞれのグループの在庫を尊重したいからです。

    ただ、時々、たくさんの数がすでに登録済みの本や、
    書き込みがある本、雨や水が少し染みた本(=ダメージ本)などがあります。
    この手の本はPaperBackSwap.comには戻しません。
    そういう本はBookMoochに登録したりBookCrossingに登録したりします。

    「The Appeal」は、当初PaperBackSwap.comに登録して交換するつもりだったのですが、
    すでに登録数がいくつかありました。
    この本は今までに読んだことが無い話で興味深かったのと、
    ブッククロッシングでwishlist登録が10以上あることが分かったので、
    今回ブックレイにすることにしました。

    ブックリングにしても良かったのですが、
    このペーパーバッグが数人の手を回った頃にはクタクタになっていると思うので、
    ブックレイ(=私の手に戻らない)の設定にしました。

    フォーラムに募集をかけたのが今週初め。
    1人の希望者があり、彼女からある情報を教えていただきました。
    実はウエスト・ヴァージニア州で、すでにこの話と似たような事が起こったというのです。
    州の最高裁判官のポストを政治家&実業家が間接的に買収する、
    アメリカでもこういうことがあるんですね。

    昨晩、ブッククロッシングでこの本をwishlistに登録している人をチェックし、
    その中から、アメリカ在住の人、本の登録がある程度あり、
    ブッククロッシングのメンバーとして最近アクティヴィティがある人、
    そしてプロフィールで「たくさん本が有り過ぎて追いつけません」と記していない人、
    この辺に注意して7人ほどに“私のブックレイに参加しませんか”と
    招待メッセージを送りました。

    果たして。
    現在参加者が5人+1まで増えました。
    これでやっとブックレイらしくなりました。

    本自体は来週末に郵送する予定です。

    去年の頭辺りに、この本のブックリングが一つ行われていたのですが、
    参加者の本の感想はあまり良くありませんでした。
    これは、ジョン・グリシャムに期待した作品と今回の作品が異なるせいのようでした。

    私のこの本のジャーナルには、粗筋を載せ、私の感想も書き、
    他会員から教えてもらったリンクも参考として載せたので、
    本を読む前の下準備の助けになれば良いな、と思っています。

    さて、この本がどんな旅をするのか、果たして愛されるのか、嫌われるのか、
    楽しみなところです。


    関連記事
    スポンサーサイト
    1. 2009/01/23(金) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/853-333da88f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。