bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    本 - "3rd Degree" by James Patterson

    ブッククロッシングのブック・スパイラルで読んでいる
    ジェームス・パターソンのWomen's Murder Clubシリーズ、
    第3作目の「3rd Degree」を読み終えました。

    Women's Murder Club: 3rd Degree (日本語訳は未発売)


    この作品、前の2作よりも個人的には好きです。
    1作目は性的殺人でとてもショッキングな描写が目に付き、
    どんどん読み進める書き方ではあるけれど、あんまり好きとは思えませんでした。
    2作目はヘイト・クライムと警察官の汚職というのかな?
    悪くは無いけれど、そこまで入れ込んで読むほどではありませんでした。

    で、今回の作品はというと、過激派アクティヴィストの犯罪。
    こういう過激派の言っている事って、それなりに事実なのだけれど、
    彼らの行動や論理は間違っている場合が多い。
    そういうのってすごく私向きで、とても面白く読むことができました。

    プラス、主人公のリンゼイの新しい男性との出会い!
    読みながら“その場だけの良い思い出で終わるのかな?それとも発展するのかな?”
    と思いながら楽しく読めました。

    でもね、一つ改めて思った事は、これは男性によって書かれた本であるということ。
    リンゼイを始めとする女性達、それぞれに魅力的なのだけれど、
    どこか“男性から見た”女性像の印象が拭えない気がします。
    …あるいはアメリカ人女性と日本人女性の違いなのかしらん??

    いつか、パトリシア・コーンウェルやキャシー・レイクスと比べてみようと思います。


    ところで。
    ステファニー・メイヤーのトワイライト・サガの最終作「Breaking Dawn」、
    現在、最初のBOOK1の部分を読んだところで休憩中です。
    この部分は、ベラとエドワードのハネムーンが終わるところまでです。
    次の部分はジェイコブがナレーターで書かれているので、
    とっても入れ込んじゃいそうなので、
    もう1冊のWomen's Murder Clubを読み終えてから戻ろうと思っています。。。
    関連記事
    スポンサーサイト
    1. 2008/12/28(日) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/837-008d7c2f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。