bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    初めてのジェームズ・パターソン

    ちなみに楽天で“ジェームス・パターソン”と検索していたら何も出てこず、
    ジェームズ・パターソン”になっている事に気がつきました。
    そうだったのか…。

    この人はいわゆるベストセラー作家だという事は知っていたのだけど、
    今まで全く読んだことがありませんでした。

    だいたい、犯罪・推理小説なんて、これでもかというほどの本が書かれているし、
    なんなーく、つまらないシンプルなベストセラー本だろうと思っていたから。

    でも、今年になって彼のシリーズ本、Women's Murders Clubがテレビ化されたことで
    “ちょっと読んでみようか”という気になっていた私。
    ブッククロッシングでこのシリーズのブック・スパイラル企画参加が募集されていたので
    早速参加して、今回初めて彼の作品を読むことになりました。

    現在、シリーズ第一作の"1st to Die"を読んでいるところです。
    1章ずつがとても短く分かれていて、余白を考えると、本の厚みに比べて
    実際の作品はもっと短い気がします。

     (日本語訳本)


    読んでみて思ったのはコツを得てるなぁ、てこと。
    読者の関心を引くよう、ショッキングに、旨く書かれています。
    日本語だったら、多分1日くらいで一気に読んじゃう本じゃないでしょうか。

    個人的には、私は彼を“私の好きな作家”とは呼びませんが、
    彼が人気作家なのが分かるような気がしました。


    そう思いながら、ちょっと興味を引かれて、彼のことをWikipediaで見てみると
    もともとは広告宣伝の人だったんですねぇ。
    道理で人の関心を引く書き方のコツを得ているはずです。

    そしてさらに驚いたのは、映画化されている"Along Came Spider"や"Kiss the Girl"も
    彼の原作作品だったこと。知らなかったなぁ~。


    Along Came Spider/スパイダー     Kiss the Girl/コレクター


    ここまで知って思ったのは
    “この人、絶対すごくお金持ちだよなぁ”

    あはは、下品ですねぇ。すいません。。。


    印象としては“書き捨て”“読み捨て”という感じなのですが…。
    わざわざお金を払ってこの人の本を買おうとは、思わないかも。
    よっぽど読む本が無い時、気分転換がしたい時には良いかもしれませんね。
    とか言いつつ、このシリーズ、7冊ほど読む予定になっております…。



    そうそう。
    このほかに、BookMoochの方でリクエストが来ていた
    「Fahrenheit 451」を郵送してきました。

    Fahrenheit 451     日本語訳⇒華氏451度


    この本はPaperBackSwap.comにも登録していたのですが、
    現在私は本がたくさん有り過ぎるので、PaperBackSwap.comはVacation届けを出しています。
    Vacation届けを出すことによって、現在私がWishlistの順番待ちをしている本の
    順番を変えることなく、リクエスト受け付け休暇ができるわけです。

    一方、PaperBackSwap.comでWishlistに載せてからかれこれ1年以上も待っている本が
    BookMoochの方から回ってきました。
    しかもこの本、イスラエルからやってきます!!
    すごいですねぇ…。

    The Reluctant Fundamentalist


    こうやってすごく遠くから、ずっと読みたかった本が回ってくるというのは感慨深いですね。
    関連記事
    スポンサーサイト
    1. 2008/11/15(土) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/825-56d88f45
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。