bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    本 - "Brother Odd" by Dean Koontz

    ディーン・クーンツのOdd Thomasシリーズ3作目、
    "Brother Odd"をようやく読み終えました。

    Brother Odd by Dean Koontz


    これ、本当におもしろかったーー!
    2作目はちょっとシンプル過ぎてあまり面白いとは思わなかったのだけれど、
    今回のは1作目と同じくらい面白かったです。

    傷心のOddは静かな修道院に居候することにした訳ですが、
    ふたを開けてみると、Oddが修道院を選んだ訳でなく、トラブルがOddを導いたようで。
    修道院にいる修道士達もユニークな面白い経歴/過去を持っている人がいて、
    修道院を訪れいてるロシア人でインディアナ州の図書館員も謎深い人物。
    このロシア人とOddの会話が皮肉とお惚けで続いていくので傑作です。

    クーンツの作品では、何度かとても暴力的なシーン/描写が出てくるのですが、
    この作品では、修道院が世話をしている子供達の過去がとても悲痛でした。
    これは想像からのホラーでは無く、実際の人間社会で起こるホラーなので
    違う意味でもっと怖いかもしれませんね。。

    最後にエルヴィス@ゴーストとの別れ。
    そして新たなゴーストとの出会い。
    それもクリスマス前にこの人のゴーストと会うなんて面白すぎる。
    あ、Boo@犬もそうだったとは最後まで気がつきませんでした。

    正当なホラー/スリラー作品ファンには邪道に思えるかもしれませんが、
    ユーモアたっぷりのクーンツ作品は本当に読んでいて面白いです。


    次はジェームス・パターソンのスパイラル・ブックリング1冊目「1st to Die」と
    レモニー・スニケットの9冊目「The Carnivorous Carnival」を読む予定です。

    Women's Murders Club 1: 1st to Die     Lemony Snicket 9: The Carnivorous Carnival



    読む予定と言えば。

    現在未読中の本をちょっとのぞいてみると…なんと40冊近くありました!!
    うちにそんなにたくさん本があったっけ…??
    そのうちの23冊はなんとか早く読みたい本で、
    残りの本は「多分すぐには読まないだろうな」という本です。
    うーーーん、なんとかしなくては!!!

    関連記事
    スポンサーサイト
    1. 2008/11/09(日) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/822-5e300586
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。