bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    海外邦人で、本を交換しませんか?

    アメリカに住み始めて“読書”から遠ざかっていたのですが、
    英語を読むことに少し慣れてから、また読書を始めました。

    読みたい本はたくさんあるのに、読む速度が遅いし
    本代も馬鹿にならず、なかなかたくさんの本を読めませんでした。
    だって、海外のペーパーバックと日本の文庫本の質を
    比べてみると、質が劣る割りに高いと思いませんか??

    ここで私を助けてくれたのがPaperBackSwap.comというサイトとの出会い。
    アメリカ国内の会員間で本を交換するサイトです。
    ここにはいろいろルールが決められているので、
    汚い本が回ってきたことは無いし
    (ちょっと・・・という程度のものはあったけれど)
    会員費もありません。

    その後に出会ったのがBookCrossing.com。
    ここでは本の意見・興味の感想が活発で、
    ブックリングなどに参加すると
    次の読者への郵送費を払うだけで本が読めます。
    もちろん、一定期間内に読み終わって
    感想をシェアするのが決まりです。

    英語の本を買う、交換する事には困らなくなった訳ですが、
    日本語の本に出会うことがほとんどありません。

    私は、昔は本を手元に所持したい派だったのですが、
    引越しが多かったり
    今の場所のように多湿地域であまり本を所持したく無かったりで、
    現在のように本を交換するに至りました。

    海外在住者はたくさんいるはずなのに、
    みなさん、日本語本をどうしているんでしょうね?

    やっぱり友達間で回しているのかしら?
    私は、同じような本を読む人というか
    “本を好んで読む人”とあまり出会いません…。
    時たまEBAYに日本語本が数冊セットで出ているけれど、
    それよりも、交換した方が楽しそうなんだけど…
    と思うのは私だけかしら??

    PaperBackSwap.comでは、ISBNさえ登録すれば
    日本語の本でも交換することができます。
    もちろん、需要があれば、の話ですが。

    PaperBackSwap.comはアメリカ国内のみが対象なので、
    それ以外の場所に住んでいる場合はBookMooch.comが使えます。
    PaperBackSwap.comが英語サイトなのに対し、
    BookMooch.comの右下に出ている“日本語”をクリックすれば
    日本語でサイトを読むことができます。

    PaperBackSwap.comもBookMooch.comも、
    始めるにあたって10冊の本の登録が必要ですが、
    会員費はいっさい必要ありません。
    この二つのサイトに登録しつつ、BookCrossing.comにも登録すると
    自分の本がどこをたびしているのか、
    他の人がどういう感想を持っているかシェアできます。

    興味がある人、読書済みの日本語本が山積みの人、
    本を交換してみませんか?
    思わぬ人、本との出会いがあると思いますよ。



    *本の交換サイトについてはこちら
    *私の経験話はこちら
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/07/27(日) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/788-7585fca9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。