bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    現在読んでいる本

    ブッククロッシングで
    「一度に何冊の本を読みますか?」
    というスレッドがありました。

    私はたいていの場合は1冊、
    多くても2冊、会社用と自宅用くらいです。

    私と同じように1冊、あるいは2冊という人も多かったけれど、
    中には4~5冊ほど同時進行で読むことがある
    という人もいて、びっくり。

    そういう人のポストを読んでみると
    「かばんの中に一冊、車にオーディオ・ブック=1冊、
    会社に一冊、家事中のオーディオ・ブック、そして自宅に一冊」
    という人や、
    「かばんに一冊、会社に一冊、リビングに一冊、
    読書室(!)に一冊、ベッド・サイドに一冊」
    という人もいましたねぇ。

    現在、読みたい本が山積み中の私。
    幸いな事にブックリングの本=
    急いで読まなくてはならない本は無いので
    (「ブリジット・ジョーンズの日記」はなるべく急ぐのだけど…)
    3冊同時進行にチャレンジしてみることにしました。

    1冊は通勤&職場用=かばんに入れて持ち歩きます。
    これには"The Boleyn Inheritance"を選びました。

    1冊はリビング用=帰宅してから読みます。
    これは、最近PaperBackSwap.comで手に入れた"Stiff"。
    この本は今まで読んだことの無いタイプの興味深い本です。
    イントロからしておもしろいの。
    --私に言わせると、死んでいる事とクルージング旅行に行く事の間には
    大差は無い。どちらの場合も、ほとんどの時間を横たわって過ごし、
    思考は止まっている。体は徐々に柔らかくなり、何も新しいことは起こらず、
    誰もあなたに何かしろとは言わない。--
    ショッキングであると同時に、何かおかしいでしょ?


    1冊はベッド・サイド=寝る前に読みます。
    これはぶつ切りで読んでも大丈夫な"Bridget Jones's Diary"。

    The Boleyn Inheritance     Stiff: The Curious Lives of Human Cadavers     Bridget Jones's Diary


    1週間くらいやってみて、
    スムーズに行かないようであれば止めることにします。

    これって、どの本をどの場所用に選ぶかが
    すごく重要な気がします。

    問題は、週末にずっと家にいる時に
    職場用の本を丸っきりお休みにするかどうかですね。
    だって2日間も読まなかったら、
    それまでの話を忘れてしまいそうな気がするんだもの…。


    そうだ。
    今日はボーダーズのクリアランスの本が75%オフになる日でした。
    どの本が残っているか見に行きたい気がしたのですが、
    グッと我慢して、29日の90%オフまで待つことにします。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/07/15(火) 00:00:00|
    2. ブッククロッシング(BC) - ハウ・ツー&楽しみ方の工夫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/781-0feb9f2a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。