bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    映画 - ヒトラーの贋札

    早朝にようやく広島入りした後、
    せっかくの金曜日=サロンシネマのレディース・ディなので
    母と待ち合わせをして「ヒトラーの贋札」を見ることに。

    その前に広島駅隣りのフタバ図書を訪れ、ネットをした後
    数冊の本を買い取りしていただいたのですが
    …恐ろしく安価ですねーー。
    1,000円あれば、と思っていたのですが500円余りでした。
    おまけに数冊は「日焼けしておりますので」と断られてしまった。
    私の好きな(だった)ジョナサン・ケラーマンの本なのにー。
    もう絶版みたいなのになー。
    その上、「必要でなければこちらで処分させて頂きますが」だって。
    好きな作家の本だからこそ、他にも読みたい人がいるかも
    という気持ち半分、お小遣いになればなという気持ち半分だったのに。
    ヒドイッ!
    仕方が無いのでなんらかの方法でリリースしようと思います。
    せっかく良い本なんだから、他の人にもよんでもらいたいもの。

    映画まで時間があったので珈琲館でお茶をして
    その後映画館へ。
    サロンシネマ、変わってなくてうれしいですねー、ほんと。
    月に何度も通った事もある映画館です。

    そう、ここでこっそり本を数冊リリースしてきました。
    ネットでサロンシネマが最近ブックゾーンに登録されたのをみたので
    「これは良いわ!」と思いました。
    サロンシネマはいろんな事に積極的に興味のある人が集まる場所なので
    ワイルドリリースしても甲斐があるような気がします。
    私のリリース予定の本の中から、映画化された作品を選んで
    リリースすることにしました。


    肝心の映画の方ですが、短過ぎず長過ぎずで
    久しぶりに映画館に来た母と鑑賞するには丁度良かったです。
    登場人物の名前は忘れてしまいましたが、
    我が身を助けんが為に贋札作りに協力する人、
    そして家族を殺したナチの協力はできない、
    終戦が見えているのにここでナチの手助けをして
    戦争を長引かせることはできない、と頑として譲らない人、
    どちらの気持ちも分かる気がします。

    こうありたいという理想と死の恐怖の狭間で
    わたしだったらどっちを選んでいただろう…、
    きっと仕方なく協力してたかなぁ。

    最終的に贋札作りの遅れによって無事終戦を迎え、
    贋札作りのプロジェクトに関わったユダヤ人達も生き延びたけれども、
    ナチが痺れを切らしてこのユダヤ人達を殺していた可能性も
    すごく高いと思う。
    そうすると、正に命を張って贋札作りを阻止するということになる。
    もしそうなっていたら、この話をアメリカに公表した
    ユダヤ人捕虜も殺されていたら、
    このプロジェクトの話は闇の中に葬られていたのだろうか。

    主人公は元々贋札作りの犯罪者。
    ユダヤ人捕虜となり、ナチのために贋札作りをさせられ、
    ナチから解放された後、贋札を持ってモナコのカジノに行く。
    そこで会った女性(コールガール?)とベッドに入ったとき
    女性は彼の腕にあるユダヤ人捕虜のマークを見つけ同情する。
    お金を払おうとする彼に「代金なんて払わなくていいのよ」という女性。

    ユダヤ人捕虜には犯罪者も政治活動家も銀行員もいたけれど
    みんな同じに“被害者”であることには間違いは無いのよね。


    <今日ワイルド・リリースした本>
    陰陽師
    アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    模造記憶
    ぼくは勉強ができない
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/05/16(金) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/754-304f2b4e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。