bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    本 - "Memory Keeper's Daughter"

    先週末に日本限定RABCKを募集したのですが
    全く応募がありません・・・

    プロフィールを見て
    1) 非日本人の日本在住者で、
    2) 最近もブッククロッシングをやっていて、
    3) プロフィールに英語で書き込みがあって、
    4) RABCKを受ける様子の人、
    を探してメッセージを送ってみたのですが
    それでもやっぱり音沙汰がありません。

    きっと「これは!」と思う本が無いんでしょうね、
    私の本棚に。
    ワクワクしていた部分があったので
    ちょっと残念です…。
    ま、無理に興味の無い本を送られても迷惑だろうし。

    それならそれで、数冊ワイルド・リリースするのも
    悪くないなぁ、と思っているところです。


    さて、半分近くまで読んだMemory Keeper's Daughter、
    とうとう読むのを止める事にしました。
    ・・・だって登場人物にイライラするんだもの!

    深い雪の降る夜、妻が双子を出産する。
    出産を手掛けた夫(医者)、息子は健康なのに対し
    娘の方はダウン症であることに愕然とする。
    彼の妹も実はダウン症で、12歳で亡くなっていた。
    妻が産後の眠りに着いている間に
    ダウン症の娘を看護婦に預け、特別施設に連れて行くように言う。
    目覚めた妻に、双子の内、娘の方は産後すぐに亡くなったと嘘をつく。

    妻に嘘を付き、秘密を抱える夫、
    娘を亡くしたという悲しみから回復できない妻。
    2人の間の溝がどんどん深まっていく。

    一方の看護婦は、女の子を特別施設に連れて行く代わりに
    自分で育てる決意をする。
    ダウン症に対する理解が低い1960年代に、
    彼女は娘の為にいろいろと努力をする。

    ここまで聞くと“あぁ、いい話だなぁ”と思うのだけど
    なんだかねぇ・・・、登場人物の魅力に欠けるんだなぁ。
    娘を亡くした妻はウダウダしてばかりで
    (そりゃあ気持ちは分かるんだけど)
    浮気までしてしまうし、
    夫も夫で、全然妻への理解の無い面白く無い男だし。

    この2人に比べれば、看護婦はまだマシなんだけど、
    この人もあんまり魅力的でも無いし・・・。

    現実に近いと言えばそれまでなんだろうけれど、
    ノン・フィクションで無いんだからねぇ。
    もうちょっと魅力的な話に、深みのある人物が
    書けなかったものだろうか。

    この本、実はテレビ映画にもなっているので
    そちらの方を見たのだけど、こちらの方も結果的には
    「あぁ・・・」という展開だったので
    もう読むのを止めることにしました。


    最近は、自分の好きな本と、そうで無い本と、
    他の人の感想やレビューを読む事によって
    だいたい見極められると思っていたのだけど、
    時には失敗する事もありますねぇ。

    そういう訳で、現在はThe Red Tentを読んでいます。
    あ、A Series of Unfortunate Eventsシリーズも読んでるんだった。
    6冊あるからねー、サササッと読まなくちゃね。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/04/30(水) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/749-5b6f676f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。