bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    私、本を頂きました!

    ブッククロッシングでBookboxに応募したのが先週の事。

    残念ながら参加はお断りされてしまいましたが、
    主催者のKimKerryさんから残念賞(consolation prize)として
    私のWishlistから一冊送ります、とメールを頂きました。

    そのパッケージが今日届いて、開けてみると
    なんと"The Book Thief"が! しかも新品です!!
    私は、すっごく感動してしまいました。

    この"The Book Thief"はヤング・アダルトのカテゴリに
    入りますが、大人でも十分楽しめる本の様です。
    1939年、ナチス支配下のドイツを舞台にした作品で
    2005年に発表されたのだけど
    最近になってあちこちで取上げられている話題作です。

        日本語訳⇒



    KimKerryさんのページとフォーラム投稿を読むと、
    どうやら彼女は"The Book Thief"をとても気に入ったので
    ギフト用に何冊か買ったこと、
    そして私のような新会員で
    今回の彼女のbookboxに参加できなかった
    合計3人の残念賞用にと
    それぞれのwishlistから1冊ずつギフトを用意したそうです。

    これって普通、できませんよねぇ?!
    例えば私の受け取った本の定価は11.99ドル。
    そして郵送料が4.60ドル。
    合計16ドル余りが私分だけでかかっています。
    “本を読む喜びを分けたい、シェアしたい”
    というだけでこういう事ができる人がいるんですねぇ。
    しかもこれ、彼女だけでなくて
    こういう人がたくさんBookcrossingにはいるみたいです。
    こういう所がアメリカの良いところでしょうか。


    そうそう、先日参加リクエストした
    "A Thousand Splendid Suns"のBookring。
    主催者はカナダ在住の方で、
    私の前にカリフォルニアの会員が受け取る予定だったのだけど、
    この人は他のbookringで"A Thousand ..."を受け取ったそうで
    現在本は私のところに向かっているそうです。
    地続きとは言え、アメリカ国外なので
    1週間はかかるのかな。
    Conchの郵便システムをあまり信用していないので
    ちょっとドキドキです。





    これで本当に手元にたくさん本が溜まってきてしまいました
    もうちょっと読む速度が早かったらなぁ、と思います。
    そうかと言って、週末中ずっと読書するのもちょっとね。
    映画やテレビを見たり、ネットしたり、出かけたりもしたいもの。
    家事も仕事もあるしね。

    5月の日本帰国の時に
    できるだけたくさんのリリース/RABCKができるよう、
    早く本を読まなくちゃね!



    ***フリーページに「ブッククロッシングのススメ」を書いてみました。
    興味のある人は参考にしてみてください。***
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/03/21(金) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/739-e802145d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。