bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ブッククロッシングのbookringに参加申し込み

    ブッククロッシングに登録したのが1月の終わりなので
    ほぼ1ヶ月経ちました。

    先週末に第二冊目のワイルド・リリースをしました。
    リリースした本は、映画化もされた
    How Stella Got Her Groove Back。
    これ、随分前から本棚にあったのですが
    結局読む事が無かったのでリリースしてみました。

    とりあえず翌日には無くなっていたので
    誰かが拾ってくれたのだと思います…。
    ジャーナル書いてくれると楽しいんだけどね。


    さて、今回はbookringに挑戦です。
    ブッククロッシングにはbookringとbookrayというのがあります。
    これは一人の本の持ち主が興味がある人を募って
    ある時は一つの国のなかで(アメリカ、オーストラリア、EUなど)
    ある時はインターナショナルで一冊の本を順送りしていくのです。
    ringとrayの違いは、ringでは元の持ち主に本が帰り、
    rayでは元の持ち主に戻らないこと。

    さて、そんなbookringですが、
    PBSでwishlistに去年夏から登録してるのに
    回ってくる気配すら無い
    A Thousand Splendid Suns のbookring募集が目に入ったので、
    未読の本が山積みにも関わらずメッセージを書いてみました。





    元の持ち主はカナダなのですが、
    カリフォルニアからのメッセージも届いていたので
    アメリカにも回ってくるかな・・・?


    ここで思ったのは、
    「海外在住のbookcrossing日本人メンバー間で
    bookring/rayできるんじゃない?」
    てこと。
    ただ、現在私の手元には魅力的な本がありません。
    10年以上に買った本ばかりなんだもんねぇ。
    ほとんどが翻訳ものだし。
    日本人に人気の本ってノン・フィクションの様子だし。

    今度帰国したときにベストセラーを一冊買って
    インターナショナルでbookrayしたらおもしろいかなー、
    と考えて一人でわくわくしています。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/02/28(木) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    コメント

    <%template_post\comment>


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/tb.php/731-a1e6ed42
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。