bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    本 - "Living Dead in Dallas" by Charlaine Harris

    ブッククロッシングのブックリングで読んでいる
    Charlaine HarrisのSouthern Vampire Misteriesシリーズ。

    第2作目の「Living Dead in Dallas」を昨夜、というか明け方3時に読み終えました。
    今日からサマー・タイム=1時間早くなったので、
    随分と時間を失った気がします…。

    Southern Vampire Mysteries 2: Living Dead in Dallas


    肝心の本の方ですが、相変わらず面白かったですねぇ~。
    最初の方でいくつかの事件が起こるのですが、
    スーキーがダラスに“出張”に行かなくてはならないので
    その間に横に置かれたままになったのがちょっと気になりましたが、
    最終的にはサンドイッチ=最初に事が起こり、中間他が入って、最後に解決する、
    ということになった効果が分からなくも無いので、まぁ良いでしょう。
    サムが良い味を出しています。(ネタばれになるので詳しくは省きます)

    今回の作品でコックのラファイエットがゲイだという事が分かりましたが、
    HBOシリーズの「True Blood」では最初から彼はゲイとして登場していたので、
    ようやくイメージがつながったところです。

    あと、今回の話の中でエリックが少々魅力的になってきました。
    このシリーズについてブッククロッシングのフォーラムで読んでいたのですが、
    アクシデントで第4作目に起こる事件について知ってしまいました。
    ちょっと残念ですが、早く“そこ”の時点まで読みたい!!!

    第3作目もブックリングに参加しているのですが、
    私の2人前の人がようやく読み始めたところです。
    この人たち、読むのは早いのだけど、私にこの本が回ってくる時期が
    私が他に参加しているブックリングの本たちが
    丁度回ってくる時期と重なりそうで少々心配しています。

    考えた末、3作目は図書館で借りることにしました。
    この本は隣町にしか置いていないのだけど、1週間内に回ってくると思います。
    そしたらすぐに読み始めることができるから時間の節約ができる!

    参加しているブックリングの本たちが一度に回ってこない事を祈っています…。


    さて、Southern Vampire Mysteries 第3作目が回ってくるまでは
    「Getting the Girl」と「Vanishing Acts」の続きを読むことに。
    この2冊は読み終わり次第PaperBackSwap.comにポストする予定です。

    そうそう。
    私のwishlistからの2冊、「The Wasp Factory」と「American Psycho」が
    PaperBackSwap.comで在庫有りになっていたので、すぐにリクエストしました。


    今年読んだ本=7冊

    今年の未読本=10冊
    去年からの未読本=49冊
    一昨年からの未読本=4冊
    スポンサーサイト
    1. 2009/03/08(日) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    本 - "Bertram's Hotel" by Agatha Christi

    ブッククロッシングのシークレット・サンタ企画で頂いた2冊のうちの1つが
    このアガサ・クリスティのミス・メープル・シリーズからの1冊、
    「Bertram's Hotel」です。




    正直言って、シャーロック・ホームズだとかポワロだとか、
    この手は苦手なんですねぇ…。興味が湧かないというか。

    でも、せっかく送ってもらったのだし、良い機会(?!)として読むことにしました。
    最初の1/3は苦戦しましたねぇ。
    展開に馴染めないというか、おもしろく感じませんでした。

    おもしろいかな…と思い始めたのは中盤に差し迫ったあたりで
    ミス・メープルがnosyになってきたところでしょうか。
    人の話を盗み聞きしたり、とぼけた振りをして場面に帰ってきたり。
    少々「家政婦は見た!」の市原悦子さんを思い出してしまいました。
    実際に事件を解決するのは警察なので、「家政婦…」とは違いますけどね。

    最後の閉めというか、事件の全貌が明らかになっても
    なんとなくしっくりこない気がしました。
    うーーん、作品が古いとか、舞台がイギリスだとかいうより、
    この手の話は私は興味が無いようです。
    だいたい、テレビ放映のアガサ・クリスティにも興味が無いのですから。

    とりあえず読み終えることができてホッとしています。

    次に読むのはSouthern Vampire Mysteriesシリーズの2作目、
    「Living Dead in Dallas」です。


    1. 2009/03/01(日) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。