bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    本 - "Odd Thomas" by Dean Koontz

    随分前からディーン・クーンツのOdd Thomasシリーズの3冊を手に入れていたのですが、
    今回ブッククロッシングでスパイラル企画をするために読むことにしました。

    *ブック・スパイラル=シリーズ作を順に回し読みする企画

    先週末から読み始めたOdd Thomas、数日前に読み終えました。
    いろんな事が起こるので、時間を忘れてしまいます。
    自分が本を読んでいる時間だけじゃなくて、作品の時間も。
    話のほとんどは1日半に起こる出来事なのです。

    そして、主人公のOdd Thomasも不思議な力だけでなくて
    妙な性格だなぁ、と思いながら読み進めていたのですが、
    どうしてそういう人格形成に至ったのかが終わり近くになって明らかになります。

    なかなかクーンツらしい、面白い作品でした。
    次はForever Oddです。


    Odd Thomas     Forever Odd     


    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/08/27(水) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    本 - "Confessions of an Ugly Stepsister" by Gregory Maguire

    ブッククロッシングのブック・レイ企画で受け取った
    "Confessions of an Ugly Stepsister"、
    先週読み終えて次の人に郵送したところです。

    タイトルから分かるかと思いますが、
    これは「シンデレラ」の継姉妹の1人によるお話です。
    そう思って読み始めたせいでしょうか、
    読み始めは、なかなか思うように進まず、
    何度か読むのを止めようかと思ったくらいです。

    “さて、この継姉はどんな話を始めるのかしら?”
    と構えていたので、
    夫を亡くした妻とその娘2人が
    イギリスからオランダにたどり着き、
    そしてたどり着いた村がどうも異様な所なので
    “私は一体何を読んでいるの?”
    という気分になりました。

    昔からの「シンデレラ」の話のような
    馴染みのある設定は本の半分くらいまでいかないと出てきません。
    “シンデレラ”自身も不思議な生い立ちだし。

    私の注意を引いたのは、
    “美”について、そして“絵画”についてよく書き表されていること。

    なんとも不思議な作品でしたね。
    ちなみにこの著者、Gregory Maguireの作品"Wicked"は
    「オズの魔法使い」に出てくる西の国の魔女の話だそうで、
    ブロードウェイ化されてヒットしたようです。
    ただし、本とミュージカルは随分と違うらしい…。

    Confessions of an Ugly Stepsister     Wicked: The Life and Times of the Wicked Witch of the West


    さて、今度は同じブックレイでも、ブックスパイラル(シリーズで読む)の
    ブリジット・ジョーンズの2冊目が回ってきました。
    前作は一月が一章になっていたのですが、
    今回のはそうでなく、話の区切りで章が分かれているようです。
    ふむ。ということは、今回は日記の趣というよりは
    1つの作品として書かれたようですね。

    前の読者間では「1作目よりも好き」という人が何人かいたので、
    少し楽しみです。

    Bridget Jones: The Edge of Reason


    現在のところ、もう2冊ほど参加申し込みしている本があります。
    ひとつは"When You Are Engulfed in Flames"。
    この著者、禁煙をするには場所を変えよう!と日本に引っ越したそうで…。
    どう功を奏したのか分かりませんが、成功したようです。
    抜粋を読んでみるとなかなか面白そうで、
    ちょっと抵抗のあるような話をユーモアを交えて上手に書いてあります。

    この本は現在、南アフリカからヨーロッパへ向かっているところで、
    私は数えて…16人目の読者になります。

    When You Are Engulfed in Flames


    もう一つは、まだ始まっていないのですが
    ジェームス・パターソンのWomen's Murder Clubのブック・スパイラルです。

    私が知っている限りではシリーズ6冊目まで出ています。
    どんどん本が回ってきて焦りたくないので、
    本を回す順の一番最後にしてもらうようにリクエストしてあります。

    ジェームス・パターソンは結構人気のある作家で、
    読み易いのだろうと思いますが、まだ一冊も読んだ事がありません。
    このWomen's Murder ClubはTVドラマ化もされたので、興味があります。



    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/08/15(金) 00:00:00|
    2. ブッククロッシング(BC) - ハウ・ツー&楽しみ方の工夫
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。