bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    本 - "A Series of Unfortunate Events" 4-6

    この2週間で、レモニー・スニケットの
    「世にも不幸なできごと」シリーズの4,5,6を
    ようやく読み終えました!

    シリーズ1は190ページくらいだったのに、
    シリーズ4あたりから200ページを超え、
    6に至っては250ページ余りの長さになっていました。
    子供本と思ってあなどれませんね!!

    さてシリーズ4の"The Miserable Mill(残酷な材木工場)"、
    邦題の語呂がいいですねー。 でもホントに残酷なのよ…。
    いや、チャイルド・レイバー(子供の労働)もだけど、
    クラウスの危なかったことと言ったら!!
    それとは打って変わってオーロフ伯の笑わせてくれることと言ったら!
    私、爆笑してしまいました。

    A Series of Unfortunate Events: The Miserable Mill     邦訳⇒残酷な材木工場


    シリーズ5は"The Austere Academy(おしおきの寄宿学校)"。
    ここの副校長ったら、とっても変人で意地悪です。
    いじめっ子までいるこの学校で
    ボードレールの3人は新しい友達に出会いますが、
    もちろんハッピー・エンディングではありません
    それだけでなく、オーロフ伯の謎が増えてきます。

    The Austere Academy     邦訳⇒おしおきの寄宿学校


    そしてシリーズ6は"The Ersatz Elevator(まやかしエレベーター)"。
    材木工場と寄宿学校とは打って変わり、
    お金持ちのカップルに引き取られるボードレールの3人。
    それでも不幸と奇妙さは変わりません。
    ミスター・ポーの役立たずさも相変わらずだし。
    サーモンづくしのレストラン・サルモネラ(!!)の
    サーモン入りの水、気持ち悪いです。

    The Ersatz Elevator     邦訳⇒まやかしエレベーター


    シリーズ5,6あたりで、オーロフ伯の謎が深まり、
    この先を読むのが本当に楽しみになってきました。
    それと同時に
    「この本は本当に子供向けの本なの…?」
    と思ったりもします。ふん。
    言い方を変えれば、大人も楽しめる本なんだけどね…。

    これでもう一つのブックリング@ブッククロッシングの本、
    The Lifetime Burningに集中して読むことができます。

    この作品、incestが関わってくるのは分かっていたのだけど、
    本当に…不思議な作品。ここまでとは予想してなかったな…
    ブッククロッシングの会員の感想を読み、
    そして粗筋を読んで、興味を持った作品ではあるのだけど、
    普通だったら読む事の無い本と言えるかも…。
    今まで読んでいたレモニー・スニケットとのギャップが激しいです。。。
    早いところ読んでしまわなくちゃ。

    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/06/27(金) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    スパイラル・レイ企画のブリジット・ジョーンズ、届く

    ブリジット・ジョーンズ全2冊のスパイラル・レイ、
    参加をお願いしたのが今月初めだったのに
    もう私の所へ届いてしまいました…。

    Bridget Jones's Diary


    本的には薄めだけど、マス・マーケット・ペーパーバッグのサイズよりは大きいので
    1ページの行は多いなるから、結局はそんなに短くは無いのかな。

    幸いにも、私の後に待っている人がいないので
    焦らなくても良いので助かる~。

    ブッククロッシングでは、
    ブック・リングやブック・レイという企画があるのですが
    これは1冊の本を希望者を募って回し読みするというもの。
    1冊の本がいろんな所を旅すると同時に
    他会員のいろんな感想が読めるという楽しいものです。
    郵送料が高いので、アメリカのみ、オーストラリアのみ、
    あるいはEUのみ、というのもあるし、
    逆にインターナショナル(全世界)募集もあります。

    “リング”の場合は最初の持ち主に本が帰るけれど、
    “レイ”の場合はそのまま半永久的に本が旅します。
    今回のブリジット・ジョーンズはブック・レイなので
    そのまま旅させれば良い→次の人がいないと言う事は、
    本の持ち主に返すので無くて、私が次の人を探すことになります。
    あるいはワイルド・リリースでもOKです。
    だから「早く読まなくちゃ!!」というプレッシャーが少ないわけ。

    そして、ブック・スパイラル企画では、
    シリーズ本が順に回ってくることになります。
    ブリジット・ジョーンズは2冊のみだけど、
    今参加しているレモニー・スニケットの本は13冊+2冊です。

    パトリシア・コーンウェルのケイ・シリーズの
    ブック・スパイラルをしている人を見つけたのですが
    どうも4冊目あたりから滞っている様子。
    郵送の間に紛失してしまったのか、
    はたまた他会員が分からなくしてしまったのかは定かではありません。
    それはともかく、参加したいんだけどねー、
    今、読まなくちゃいけない本がたくさんあり過ぎるので
    止めとかなくちゃいけないかなー、と思ったり。

    うん、ここできっぱり
    新しいブック・リングやブック・レイの参加は
    しばらく見合わせなければなりません!!
    そう、強い意志を持って…!

    これからしばらくは
    ブッククロッシングのフォーラム、
    特にブックリング、レイのフォーラムを
    出入り禁止にしなくては。。。
    あぁ、これで楽しさ半減…。

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/06/25(水) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    本 - "The Wide Window" by Lemony Snicket

    ブッククロッシングのブック・スパイラル企画で読んでいる
    (シリーズ本を順々に回して読んでいくものです)
    レモニー・スニケットの「世にも不幸なできごと」シリーズ。

    手元に受け取っている最初の6冊のうちの
    第3作目、"The Wide Windoe (大きな窓に気をつけろ)"
    を読み終えました。

    The Reptile Room     邦訳⇒爬虫類の部屋にきた


    読んでいて、時々、ジム・キャリーとメリル・ストリープが
    記憶によみがえって来ます。
    とは言え、映画を見たのはずーーいぶんと前なので、
    楽しく(!?)読むことができました。

    5度くらい「ハッ!!」と息を呑んだかな。
    そして3度くらい「クスッ」と笑ったかしらん。
    2度くらい「フフッ」と鼻で笑ったりもしましたね。

    なかなかおもしろかったです。

    この後の作品で、どんな親戚が現れるのか、
    そしてどんな不幸に遭遇するのか楽しみ(!?)です。

    あと3冊、がんばって、出来れば1週間内に読むぞーーっ!!


    A Series of Unfortunate Events: The Miserable Mill     邦訳⇒残酷な材木工場

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/06/15(日) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    本 - "The Reptile Room" by Lemony Snicket

    今日は13日の金曜日!
    そのせいかどうかは知らないけれど、
    職場でも、ちょっとした騒ぎがありましたねぇ。

    それはともかく。
    レモニー・スニケットの"The Reptile Room"をようやく読み終えました。

    The Reptile Room     邦訳⇒爬虫類の部屋にきた


    モンティおじさんに不幸があったのは残念だったし
    筋書き自体はとても不幸で悲しいのだけれど、
    話を読んでいるとなんだかおもしろいのよね。

    このエピソードもジム・キャリー主演映画であったので、
    なんとなく場面を思い出しながら読みました。
    幸か不幸か、あんまり覚えていないので
    新鮮な気持ちで読むことができました。

    次の本、"The Wide Window"では
    映画でメリル・ストリープが演じた
    ジョセフィーヌおばさんのところに行きます。

    The Wide Window     邦訳⇒大きな窓に気をつけろ


    しっかし、この1冊を読むのに思ったより時間がかかりましたねぇ。
    本当はもっと早く読みたいのに。
    子供向けの本なので、もっと早く読めるはずなのに。
    仕事から帰ってきて本を読むというのは、
    疲れているから集中力が足りないのでしょうか。
    それともやっぱり私の英語が…?

    英語といえば。
    このレモニー・スニケットのシリーズは
    大きな単語を覚えるのにも役に立ちます。
    文章で○○○という単語を使った後に、
    「○○○というのはxxxxxという意味で…」
    と説明が出てくることがあるんですね。
    面白いです。やっぱり子供向けの本だけありますね。

    ところで。
    >このシリーズは13冊シリーズで、
    それぞれの本が13章に分かれていることに気が付きました。
    なかなか上手く出来ていますね。

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/06/13(金) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    また本が届いてしまった

    4月下旬にブッククロッシングのブック・スパイラルで受け取った
    レモニー・スニケットの「世にも不幸なできごと」シリーズの
    6冊がまだ未読なのに、早くも別のブック・リング本、
    "A Lifetime Burning"が郵便で届いてしまいました。

    ええーーーっ、もう回ってきちゃったのぉ~?!

    A Lifetime Burning


    よく考えれば、申し込みをしたのが4月中旬だったので、
    早かった訳でも無いんですよねぇ。

    ただ、私の5月が忙しくて、あっという間に飛んでいったので
    本を読むのが随分と遅れてしまっています。

    せっかくJodi Picoultの"Perfect Match"が面白くなってきたところだけど、
    ブック・リング本を先に読まなくては

    ブッククロッシングのブック・リングなどの企画では
    本の保持期間は1ヶ月、あるいは4週間が基本になっています。
    それ以上時間が必要な場合は、企画者に連絡しなくちゃいけないの。

    だって、次に読む人がそれだけ遅れるわけだからね。

    私の後にレモニー・スニケットの6冊を受け取るのは、
    今のところ1人だけ。
    企画者にも連絡して、OKをいただいているけれど
    6月終わりまでには全部読んで郵送したいところ。

    "A Lifetime Burning"はなかなか人気本で、私の後は2人待っている。
    ここで読むのが長引くと、ブッククロッシングのコミュニティでの
    評判が悪くなる危険もある
    ので
    (「この人は本を回すのに時間がかかり過ぎる」と言って
    次からのブック・リング等の参加拒否をされかねないから)

    がんばって早いところ読んでしまいたい。

    と言うわけで、家では引き続きレモニー・スニケットを読み、
    通勤&職場では"A Lifetime Burning"を読む予定です。

    本を読むのに忙しいって言うのも、少々複雑な気持ちだわ。

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/06/09(月) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    参加するか、しないか。それが問題。

    現在、10冊近くのTO BE READ=未読本が手元にある。

    あんまりたくさんなので、PaperBackSwap.comの方のアカウントは
    お休み中にしました。
    本当は、私の持っている本の半分近くは
    他会員のWish List=読みたい本なので、
    早いところ読んで回してあげるべきなのよねぇ…。

    加えて「世にも不幸なできごと」シリーズ6冊は
    ブッククロッシングのブック・スパイラル(シリーズ本を順に回していく)
    で受け取った本なので、早いところ読んで
    次の人に回さなくちゃならない。

    現在参加中のブック・リング、
    イギリス人作家Linda Gillardの"The Lifetime Burning"も
    思ったより早く私のところに向かってきている…。

    うーーーん、なんとかしなくては!!

    と思っていた矢先、
    ブリジット・ジョーンズ・シリーズのブック・スパイラル
    見つけてしまったのよねぇ…。
    読みたい!
    でも、参加して大丈夫なの、私!?!?

    参加者の感想で
    「映画よりおもしろい」
    「二作目は特におもしろい」
    と書いてあるので、とても興味を惹かれちゃう。

    どーーーしよーーかなぁ。


    みんな、こうやってTO BE READが膨らんでいくのねぇ。。。


    >>>>>>>

    この数時間後、誘惑に弱い私は
    結局「ブリジット・ジョーンズ」のブック・スパイラルに
    参加申し込みをしてしまったのでした。

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/06/08(日) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    本 - "The Bad Beginning" by Lemony Snicket

    4月の終わりに、レモニー・スニケットの「世にも不幸な出来事」シリーズ、
    "A Series of Unfortunate Events"の最初の6冊を
    ブッククロッシングのブック・スパイラルとして受け取りました。

    が、ビルの病気で動揺してたし、日本に短期帰国したし、
    その後、時差ぼけが抜けるのに随分時間がかかり、
    そして帰国すぐの週末は日曜出勤、
    と、ほんとーーーに忙しくしていた、ここのところ。

    おまけにすこぉし鬱気味だったりもしたし…。
    ビル=10年間の家族の一員を失うのは辛かったです。

    ようやく気持ちも体も少しずつ良くなってきています。

    ということで、この週末、
    ようやく、ようやく「世にも不幸な」シリーズの1作目、
    "The Bad Beginning"を読み終えました。

    The Bad Beginning    邦訳⇒最悪のはじまり

    ジム・キャリー主演の映画化作品の方をすでに見ているので、
    本を読んでいても、オーロフ伯やボードレール家の三姉弟妹が
    映画の配役で頭に浮かんできます。
    銀行家のポー氏やストラウス判事は…覚えてないなぁ。

    さて、お話はオーロフ伯がヴァイオレットと結婚して
    遺産を巻き取ろうとする計画がばれ、
    オーロフ伯が逃げ去ったところまでです。

    やさしいストラウス判事が3人を引き取ると言ったのですが、
    亡きボードレールの両親の遺言により、
    3人は親戚によって引き取られなければなりません。

    ということで、この続きは次の本になるのよ、
    てところで終わりです。

    作品が12作続くというのは、
    この先、12の親戚宅を転々とするのでしょうかねぇ…?

    この本たちは、数冊は結構ボロボロになっているのと、
    子供向けの本なので公で読むのはためらっちゃうのとで、
    自宅でしか読んでいません。
    それで余計、読むのに時間がかかっちゃうのよね。

    なにはともあれ、次の不幸な話は「爬虫類の部屋にきた」、
    "The Reptile Room"へと続きます。
    このエピソードも映画で覚えがありますね。

    The Reptile Room     邦訳⇒爬虫類の部屋にきた


    さて、通勤時と職場で読んでいるのは、
    たくさん手元に貯まって来てしまったJodi Picoultの一冊、
    "Perfect Match"です。

    Perfect Match

    Jodi Picoultの作品については、たいてい粗筋を読んでしまっているので
    だいたいどういう話なのか、前もって分かっている場合が多いのですが、
    今回は粗筋を読むのを避けてから読み始めたので、
    読み始めから、とても興味を惹かれながら読み、
    現在半分近くまで読んだところです。

    最初の数十ページを読んだところで
    “あぁ、XXXXXが題材なのね、この作品は”と
    分かったつもりだったのですが、
    1/3まで来てからの展開には、驚かされました。
    それっぽい匂いはあちこちにあったのだけど、
    あぁ、そういう展開に持っていくのね、とやっぱりびっくり。

    話が複雑になり、いよいよ人間関係や感情が
    入り乱れて興味深くなりはするのだけれど、
    反面、少々気分が滅入っちゃう部分もある。
    今の私にはちょっとヘビーだったかな。。。

    なんとか最後までたどりついたら、
    この後はThe Boleyn Inheritanceを読もうかと思っています。

    The Boleyn Inheritance


    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2008/06/07(土) 00:00:00|
    2. BC体験 - imuzak12の場合
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。