bookcrossing_jp@ウィキ BLOG

BookCrossing.comを通じて、世界中のブッククロッサーと交流し、読書体験と読書仲間を広げてみませんか。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    桜リリース・チャレンジ ここまでのリリース&キャッチ

    imuzak12@BookCrossing です。

    桜リリース・チャレンジが始まって1週間ちょっとです。ここまでの経過報告をご紹介します~。

    【リリース】
    zyasiminnteaさん... 1冊
    夕凪の街桜の国」 こうの史代著 (リリース・ツィッター)

    culantroさん... 1冊
    春にして君を離れ」 アガサ・クリスティ著 (リリース・ツィッター


    【キャッチ】
    zyasiminnteaさん... 1冊
    春にして君を離れ」 アガサ・クリスティ著 (キャッチ・ツィッター) 

    これは日本時間、4月6日の午前11時現在のカウントです。カウントもれがあったら、ぜひここにコメントで報告してください。


    どんどん桜前線が北上し、今週末はたくさんの場所でお花見が楽しまれると思われます。
    この人手の多く、好奇心の多い人もお散歩を楽しんでいるであろう時期、1冊でも本をリリースしてみませんか?

    ツィッター・チェックして、リリース本のハンティングも楽しんでみてくださいね。
    そして、桜リリース・チャレンジの本のリリース&キャッチ、どんどんツィッターで報告してください!



    Read and Release at BookCrossing.com...


     
    スポンサーサイト

    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/04/06(金) 11:29:25|
    2. BC - 読書・リリース企画のお知らせ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    桜リリース・チャレンジで春を迎えませんか?

    imuzak12@BookCrossing です。

    2月26日に”桜リリース・チャレンジ”のお話をしてからほぼ一ヶ月。忘れていたわけじゃあないんですよー。どうやら今年の桜開花は平年より少し遅いそうで、ちょっとタイミングを考えていました。一方のワシントンDCに贈られた桜はすでに開花している様子です。

    ☆リリース・チャレンジって?
    時期限定でテーマを決め、ブッククロッシングのワイルド・リリースを楽しみます。企画によってはいろいろなルールがあったり無かったり、賞品があったり無かったりします。


    桜リリース・チャレンジ


    【期間】
    桜開花予想カレンダーとにらめっこした結果、3月26日から4月22日まで4週間を対象にしました。この期間ならいつでもカウントにいれます。これで南は九州から北は東北までなんとか桜の時期に入ればと、思っています。満開時期は、本や桜より酒と肴の方に目がいっちゃう可能性が高いので、特にワイルド・リリースの場合は開花すぐの頃が良いタイミングかも。

    【リリースのルール】
    ワイルド・リリース(街角にリリース;屋内外含む)もコントロール・リリース(本を渡す相手が明らかに分かっているリリース;友達・ブッククロッサーに渡したり、本交換サイトから贈る)も両方OKです。ただし、本のタイトルに以下の言葉を含むこと:
    桜、sakura、春、spring、チェリーブラッサム(ズ)、cherry blossoms


    【リリースして何か得が?】
    そりゃあもちろん、ブッククロッシングを楽しむ事、誰が拾ってくれるかワクワクする事、拾ってもらって記録を書いてもらってうれしくなる事、感想を読んでもっとうれしくなる事です。ブッククロッシングを通して桜の季節をお祝いするのって楽しいと思いませんか?
    ささやかですが、期間中に一番さくさん本をリリースした人一番たくさん桜チャレンジ・リリースの本を拾った人に景品を考え中です。もう一つ、ユニークなリリース・ノートあるいはキャッチ(拾った)記録を書いてくれた人の中からランダムに景品も考え中です。注意:景品は“本当に”ささやかですので、リリース・チャレンジを楽しむ事を目的に参加していただければうれしいです。

    【参加方法】
    本来フォーラムがあれば、企画とルール提案も、参加報告もリリース報告もそちらでするのですが、今現在英語のフォーラムしかないので、ツィッターでリリースと拾った報告をしてください。その際に必ず最低 #桜 #bookcrossing_jp と入れてください。このタグが入っていないと、ツィッターで検索できないので、忘れないように!  
    #桜リリース#桜リリース・チャレンジ もOKです。 #桜 にすれば、より使える文字数が残るので便利と思います。

    【リリース・ノートのコツ】
    リリース・ノートを書く時、まずは次の文を一番最初に入れてください。コピペしてOKです。
    この本は桜リリース・チャレンジに参加しています。ブッククロッシングと一緒に桜の季節を楽しみませんか?
    本を拾った人に、これでどういう本なのか少し情報が伝わります。ついでに、このブログ・エントリーへのリンク http://bookcrossingjp4wiki.blog.fc2.com/blog-entry-984.html を付け加えておくと、詳しい事が分かって良いかもしれません。
    リリース・ノートには、リリースした場所と時間を記入しても良いし、綺麗な桜の写真をアップロードして載せても良いし、ブッククロッシングのバナーを入れてもいいし。英語サイトのバナーだと、コピペして簡単にリリース・ノートに載せられるので、”小さな本が走っているイメージ・リンク”なんかは英語がついてなくてお勧めです。

    Read and Release at BookCrossing.com...
     

    【リリース・ツィッターのコツ】
    リリース・ノートを書き終わったら、本のページのタイトル少し下にあるツィッター・アイコンをクリックします。そうすると、あなたのブッククロッシング登録本ページへのリンク付きのツィッター・ボックスが出てきます。リンクには触らないように、#桜 #bookcrossing_jp のハッシュ・タグを入れ、ツィッターの先頭には”ブッククロッシング【桜リリース1】「タイトル」”のような感じで、この本が桜リリース・チャレンジでリリースした1冊目だと分かるように書いてください。ツィッターにリリースした場所の写真(または綺麗な桜の写真)を入れると、もっと魅力的になって、キャッチ率があがるのではと思います。短くリリース場所を書くのも効果的かも。

    【キャッチ(拾った記録)・ツィッターのコツ】
    桜リリース・チャレンジのキャッチ数コンテストは、桜チャレンジでリリースされた本のみの対象です。また、ブッククロッシングにちゃんとキャッチ記録を残し、ツィッターで報告、と両方が無いとこちらでカウント確認できませんので、ご了承ください。
    リリース・ツィッターで、近所に桜リリース・チャレンジの本がリリースされたばかりだと分かったら、早速ハンティング!リリース・ツィッターに写真があると、本を見つけるのに一層役立ちますよね。キャッチした人がブッククロッシング会員でなくても大丈夫。今すぐに会員になるつもりがなければ匿名でもキャッチ記録を残す事ができますキャッチした本を読んだ後は、また次の読者の手に渡るようにリリースしてもらえれば、本も元の持ち主も私もうれしいです。
    キャッチ・ツィッターの方法は2つ。ブッククロッシングのサイトからキャッチ記録を書いた後に、リリース・ツィートと同じ要領でツィート・アイコンをクリック。出てきたツィート・ボックスに #桜 #bookcrossing_jp を必ず入れてください。そして、ツィートの先頭には”ブッククロッシング【桜キャッチ1】「タイトル」”のような感じに書いてください。これでこの本が桜リリース・チャレンジからキャッチされた1冊目だと分かります。 
    もう一つの方法として、リリース・ツィッターが分かっている場合、それに対しての返信で(返信+元つぶやきのコピペ、あるいはリツィート機能を使って、元つぶやきのを引用を入れるもOK)【桜キャッチ1】 RT とユーザー名を添えて書く事もできます。このとき、ハッシュタグと登録本へのリンクがちゃんと入っている事を確認してください。また、あなたのキャッチ記録がブッククロッシングに記録されていない場合はカウントできませんので、忘れないように記録を付けてください。

    【注意書き】
    ツィッター報告無しでは、リリース数もキャッチ数も、こちらで把握できません。また、ブッククロッシング登録本へのリンク無しは、本がルールを満たしているかどうか分かりません。せっかく参加するんですから、これらをぜひ忘れないようにしてくださいね。登録本へのリンクのほかに、ブッククロッシングでのユーザー名を入れていただくと便利ですが、必須ではありません。
    リリース・チャレンジの4週間中ずっとリリースしなくても、週末だけとか、お天気の良いお花見日和にリリースして気軽に楽しんでください。春と読書と交流を楽しむのが目的なのですから。
    特に屋外にワイルド・リリースする時などは、本を夜露から守るべく、ジップロックに入れておくのが良いかと思います。そして、ワイルド・リリース用の即席チラシもどんどんそのまま、あるいは改良して使ってください。

    よりたくさんの人が楽しい経験と交流ができるといいな、と思っています。リリース、キャッチだけでなく、面白いブッククロッシングの体験があったら、どんどんシェアしてくださいね。



    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/25(日) 09:36:34|
    2. BC - 読書・リリース企画のお知らせ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    4月21日はブッククロッシングの誕生日だそうです。

    imuzak12@BookCrossing です。

    なんとなくブッククロッシングのページを読んでいて、ブッククロッシングの正式なスタートが2001年4月21日だった事を知りました。(ちなみにウィキペディアには4月17日と出ていますが、ここはブッククロッシング・サイトの情報を信じることにします。)今からその日まで約1ヶ月あります。ブッククロッシングの誕生日を記念して、みなさんのブッククロッシングとの出会い、ぜひ他の人に話したい思わぬ楽しい経験など、シェアしてみませんか? あなたの経験をタイプし終わったら、imuzak12のブッククロッシング・プロフィール・ページから"Send imuzak12 a private message"をクリックしてメッセージを送ってください。原稿は、あなたのブッククロッシングのユーザー名と一緒にメッセージ内にタイプしてください。尚、メール・フォームは英語で出てきますが、日本語でタイプしてもらって全然大丈夫です。送っていただいた投稿は毎週末、4月21日まで、どんどん載せていきます。


    そして、ここからが日本のブッククロッサーの強い協力が必要な企画です。


    ブッククロッシング誕生日までの1ヶ月、特に週末、読み終わってブッククロッシングに登録したにも関わらず本棚で眠っている本をワイルド・リリースして、一人でも多くの“本好き”にブッククロッシングを知ってもらいませんか?

    ワイルド・リリースする時、ブッククロッシングのサイトからリリース・ノートを書きますよね?その際、本のページにツィッターのアイコンがあるのが分かるでしょうか?アイコンをクリックすると、ツィッターボックスが本のページへのリンクと一緒に出てきます。その後は、具体的にどこにリリースしたか書くと、ツィッターを読んだ人には分かり易いです。ついでにリリース時刻や感想を書くのも良いし、映像付きツィッターにしても良いし。特に映像があれば、興味をひきやすいと思います。

    そして、本をキャッチした人、された人、どちらでも、どんどんツィッターで報告してくださいな。たくさん声が聞こえると、隠れていた“本好き”達も春の陽気につられてどんどん参加してくれるかも。


    リリース方法としては、ブッククロッシングの説明を書いたチラシと本をジップロックなどの袋に入れるのが良いかと思います。実際、過去に日本でワイルド・リリースした時は、この手を使いました。個人的に、チラシと本が別々にならないようにするためにも、本が袋に入っている方がいいかな、と思いました。プラスティック袋は反エコなのは分かっているので、ここは個人にお任せします。。。(拾った人が、袋を再利用する可能性はあると思いますが)

    ブッククロッシングの説明を書いたチラシ、というの、ちょっと作ってみました。どうやってブログ中に載せるか格闘した挙句、ツィッターでシェアする事にしました。参考にしてみてください。そのまま使うも、アレンジするも、あなた次第です。


    そして、先日zyasiminnteaさんのツィッターにもあったようにリリースノートを本の裏表紙内側などに貼り付けるのも良いアイデアだと思います。日本でどれくらいインターネットが普及しているのか分かりませんが、案外インターネットにアクセスの無い人って多いのかも。ブッククロッシング・サイトにわざわざ来なくても、リリース・ノートを見るだけで誰から渡ってきたのか、どれだけの人が読んだのか分かるので、もっと興味を持ってもらえるかもしれませんね。


    そうそう。数日うちに桜リリース・チャレンジもいよいよ始まるので、桜、春がタイトルに入っている本はそれまで取って置いてもいいですよ~。詳細は近日、週末前までにはもう一度改めてアップします。


    それでは、より多くの面白楽しいリリース&キャッチ報告とツィッターを読むのを楽しみにしています!





    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/20(火) 11:48:09|
    2. BC - 読書・リリース企画のお知らせ
    3. | トラックバック:1
    4. | コメント:0

    1年後のRABCK

    imuzak12@BookCrossing です。

    明日は3月11日です。

    日本人なら誰もが、2011年の3月11日に何をしていたか、どういう風にニュースを聞いたか、つい先日の出来事のように覚えていると思います。

    私は、朝のニュースを見ていた夫から聞きましたが、“地震があった”としか聞かなかったので、テレビを見ていなかった私は、その時点では何が起こっているのか分かっていませんでした。

    その後、予約のあった病院に行き、テレビ画面で津波の様子を見た時に、初めて事の大きさに気が付きました。東北地方にはあまり馴染みがなかったものの、一度は仙台の町を訪れた事があったし、日本の町々と住民を想像できるので、テレビ画面に映された映像は、とても信じられるものではありませんでした。

    その頃ちょうど私の学校の新しい学期が始まったばかりで、難度の高く課題の多いクラスを取っていたのですが、その週は何も手に付きませんでした。昼間はアメリカのニュース、夕方からは日本のニュースをネットで見る、というのがしばらく続きましたが、海外から日本の現実を把握するのは本当に難しいと感じました。そして、その状況は1年経った今も同じです。

    私の母親の近所あたりにも、被災地から疎開して来た人達がいるとききました。今回の災害は、日本中の人に影響し考えさせられたものだと思います。


    復興というのは、1、2年で簡単に進むものでは無いし、ましてや放射能の事など将来の対処策などについて、想像することすら困難です。

    こういう、人間の不力を感じるときこそ、なにか、感動させられる本をプレゼントして、力を、エネルギーを、ポジティヴな気持ちを呼び起こす助けができれば、と思いませんか。


    日本文学作品などには、忍耐を強調したものが多いかと思います。でも、不幸な境遇をわざわざ本の中にまでひっぱる事は無い、と個人的には思います。何か、忍耐でなく、エネルギーを、生きる力を強調したような本を見つけたら、この1周年の機会に、友達、近所の人、あるいは電車で隣に座った人とシェア(RABCK;コントロール・リリース)してみませんか?

    相手に不思議に思われたら、ブッククロッシングで本と読書の楽しみをシェアしている事、その本に元気付けられた事、その元気をこの1周年の機会に他の人に分けてあげたい事、そして、読むも読まないも、他の人にあげるもそのまま持っておくのも、感想を記録するのもしないのも、全てその人の気持ち次第だという事を伝えれば、きっと分かってもらえるのでは…と、私は思うのです。


    本当は、そういう元気の出る本を箱にまとめて、被災地区の公民館などに寄付するのも素敵だな、と思ったのですが、今回の災害は被災地区だけでなく、日本全土がいろいろな形で被害を受けたと思うのです。近所の子供や学生達、職場の同僚、友達のお母さん、みんなです。そういう意味で、被災地以外でも元気の出る本をシェアできれば、一人でも多くの人の元気付けになるのでは、と思います。

    また、被災地区や被災者、避難・引越しして来た人達や地域を知っている方は、そういう所や人に1冊でもいい、本を持って行くのも意義のある事なのでは、と個人的に思います。あなたの1冊が、誰かの枕元で毎晩勇気付けをすることが出来るかもしれない、日中の大変な復興作業の合間に、ふと読まれ、新たに元気を取り戻す助けになるかもしれない。そして、その本は、図書館のような返却期間も返却場所も無いし、その後にまた新たな読者の手に渡るかもしれません。


    そういう意義のある、力のある本があなたの本棚で眠っていたら、ぜひ、一人でも多くの人をインスパイアして元気付けとなるお手伝いをしてみませんか?



    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/10(土) 10:12:28|
    2. BC - 読書・リリース企画のお知らせ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    日本語フォーラム後援RABCK 当選者発表!

    imuzak12@BookCrossingです。

    先月応募を受けていた、私の“日本語フォーラム後援RABCK”赤川次郎の「まっしろな窓」ですが、当選者発表です。


    当選は、Yaroujidai さんです~。おめでとうございま~す!


    1986年発表の作品のため、いささか時代の違いを感じますが、その辺は(私みたいに)突っ込みを入れながら読むと面白いかと。。。大抵はドロドロ(?!)が好きな私には、すっきりあっさりでしたが、ほんと、赤川次郎さんはサクッと読めます。

    Chocolaさんにも何か残念賞を考えてあります。あんまり期待せずに待っててください

    とりあえず、この時点でRABCKの流れが少し分かっていただけたでしょうか?

    舞台裏説明をすると、ここから企画者の私が当選者にPMを送ります。どうしてブッククロッシングのPMを使うかと言うと、これによって、メール・アドレスを公開せずにやりとりができるからです。よくメッセージを交わす会員とは自分の意思でメール・アドレスを交換しても構わないけれど、ブッククロッシング・サイトがメール非公開で他会員とやりとりができるようにしてくれているわけです。

    企画者が当選者に当選結果を告知し、郵送住所をリクエストします。で、当選者は郵送先住所をPMします。そして企画者は本を郵送するわけですが、この時にコントロール・リリースの記録をつけます。そしてたいていの場合、企画者は「“日本語フォーラム後援RABCK”で日本の○○○さんへリリース」みたいな記入をします。当選者が本を受け取った時は、キャッチの記録をつけます。これによって、企画者も無事に本が届いた事が分かる仕組みになっています。

    どうですか?簡単でしょ?


    追記:

    桜リリース・チャレンジについて発表しましたが、参加者報告がまだ無いことをいい機会に、チャレンジ期間を桜開花予想カレンダーに合わせて設定します。チャレンジは開花予想の入っている3/26 から4/15の3週間とします。時期が近くなったら、また改めて説明しますね。



    テーマ:ブッククロッシング - ジャンル:本・雑誌

    1. 2012/03/06(火) 08:25:39|
    2. BC - 読書・リリース企画のお知らせ
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    次のページ

    FC2Ad

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。